TERM / 通信基本用語

■ 調歩同期(非同期)

調歩同期(非同期)

調歩同期(Asynchronous)とは、パソコンのCOMポート(RS-232C)などで利用される最も一般的なデータ通信です。送受信のタイミングを合わせることから「調歩同期」と呼ばれていますが、同期信号を送るための制御信号線を持たないので、「非同期」とも呼ばれます。

調歩同期では、まずスタートビットを送り、その後キャラクタービット(7または8ビット)、最後にストップビットを送ります(パリティビットを含む場合もある)。データがないときにはストップビットを送り続けます。調歩同期は簡易な構造でデータの信頼性も高いですが、7または8ビットのキャラクタを送るごとにスタートビット、ストップビットを付加する必要があるので伝送効率が悪く、高速転送には適していません。同期方式では他にもキャラクタ同期、フレーム同期などがあります。インターフェースとしてはシリアル通信規格のRS-232C/RS-422/RS-485が使われます。

 

計測できる機種:「LE-8200A」、「LE-8200」、「LE-3500」、「LE-2500」、「LE-1500」、「LE-200PS」、「LE-150PS

「LE-1500」、「LE-150PS」は調歩同期専用モデルです。

 

RS-232C/422/485変換器:「SI-60/60F/65/65A/65FA/60Wi….など多数