PRODUCT / 商品情報
PC接続型通信プロトコルアナライザー
データロガー

LE-150PR

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

利用状況に応じた2ウェイ動作

普段の開発時は、パソコンの機能を最大限に活用できるリモートモードでPC接続型プロトコルアナライザー、パソコンが持ち込めない過酷な現場に設置して連続測定が必要な時は、ロガーモードでPCレスの単独動作が可能な通信データロガーとして利用できます。

<リモートモード (PC接続)>

USB接続の他、Wi-Fi接続にも対応します。Wi-Fi接続は アクセスポイント経由または直接接続が可能です。

<ロガーモード (PCレス)>

Wi-Fi接続機能でさらに便利に

従来のUSB接続に加えて、Wi-Fi接続によるリモートモニターに対応。アナライザー自身がWi-FiアクセスポイントになるAPモードと周囲のアクセスポイントを経由して接続するSTAモードが利用できます。また、ロガーモードの計測動作を止めずに、SDカードに記録されている通信ログファイルをWi-Fi経由で取り出せるようになりました。これによりアナライザー単独での通信回線の調査を継続しながら、必要な時だけPCでログファイルのタイムスタンプを確認して問題が発生した前後の通信記録を確認するような使い方ができます。

<リモートモード (PC接続) >
<ロガーモード (PCレス)>

RS-232C / RS-422 / RS-485に標準対応

産業分野や医療機器分野で利用頻度が高いRS-232C / RS-422 / RS-485の計測インターフェースを標準装備。 RS-232Cインターフェースは制御線や同期通信用の送受信クロックを含む11ラインに対応しており、シミュレーション時は制御線の自動制御も可能です。RS-422 / RS-485インターフェースは、シミュレーション時のドライバ自動制御が可能です。

■各部説明

   別売りDINレール取付プレート(LE-DIN13)を固定するネジ穴です。穴ピッチ70mm、ネジ深さ3.5mm max

■計測インターフェース(DSUB25pin)の信号定義

Pin 信号 Pin 信号
1 FG 14 -
2 RS-232C SD 15 RS-232C ST2
3 RS-232C RD 16 -
4 RS-232C RS 17 RS-232C RT
5 RS-232C CS 18 RS-422/485 TXDB+/TR+※2
6 RS-232C DR 19 RS-422/485 TXDA-/TR-※2
7 GND※2 20 RS-232C ER
8 RS-232C CD 21 -
9 +5VDC※1 22 RS-232C CI
10 RS-422 RXDB+※2 23 -
11 RS-422 RXDA-※2 24 RS-232C ST1
12 RS-422 RXCB+ 25 -
13 RS-422 RXCA-    
※1: 本機から電源供給端子。ON/OFF可能。
※2: 端子台変換アダプタLE-5TBで端子台に取り出し可能。

DSUB25pinコネクタの9, 10, 11, 12, 13, 18, 19pin に6V以上の電源が割り当てられた機器を計測インターフェースに接続すると本機が故障する可能性がありますので、接続しないでください。

■RS-485の接続イメージ

端子台変換アダプタ(LE-5TB)利用例
端子台変換アダプタ(LE-5TB)結線図

■TTLレベル通信にオプションで対応

オプションのOP-5Mを利用することで、2.5V、3.3V、5V系のTTLレベル通信をモニター可能。プリント基板上のマイコンUARTポートと各種通信ユニット間のTTL信号線をプロービングして測定するときに最適です。
TTLモニタープローブポッド OP-5Mに関してはこちら。

<利用イメージ>

パソコンと無線LAN接続でリモート計測

従来機種同様のUSB接続だけではなく、無線LAN接続にも対応しました。無線アクセスポイント経由で接続するステーションモードと、計測器がアクセスポイントとなって接続するアクセスポイントモードが選択できます。

: 無線LANを利用できるのは日本、アメリカ、カナダ、RE 指令(2014/53/EU)適合を条件に利用可能となるEU加盟国のみです。

非同期PPP通信に対応

調歩同期通信(ASYNC、PPP)に対応。テスト状況に応じて、ビット送出順序や極性、NRZ/NRZI変調フォーマット選択などができ、多彩な表示モードで効率的な解析を支援します。

<ASYNCモニター画面>

<制御線付きモニター画面>

<ASYNC/SYNCフレーム改行表示画面>

<翻訳表示画面>

■通信エラーを確実にキャッチ

パリティエラーやフレミングエラー、各種のブロックチェックコードBCCエラーなどの判定が可能。また、トリガー機能の文字列一致条件にアプリケーションレベルのエラー通知文字列等を設定すれば、異常時の通信シーケンスを見つけることができます。トリガーアクションとして、外部トリガー信号出力やユーザー定義LEDの点灯を指定することで、外部機器へのエラー通知やロガーモードでの(パネルLED点灯による)通信エラー確認を実現できます。

トリガー設定画面例1


この設定例では、エラーが発生したら、カウンター1をプラス1されます。カウンターの値はタイマー/カウンターで表示したり、設定した閾値で別のトリガー条件とすることができます。

トリガー設定画面例2


この設定例では、41h、42h、43h、15h のデータを受信したら、U1のLEDを点灯します。ロガーモードで特定の通信データが回線に流れたことを、測定を止めずにLEDで確認したいときなどに利用します。


各LED の点灯は以下の状態を表します。

POWER/ERROR 電源や本機の動作状態を表示
RUN/ACT 測定中やSDカードアクセス中などを示す
SD/RD 緑点灯はSDライン、赤点灯はRDラインの論理状態
U1/U2 トリガーのアクションでU1(緑)、U2(赤)を点灯

■通信ログを長時間連続記録

測定データは、指定ファイルサイズの通信ログファイルとして、リモートモードではパソコンのHDDに、ロガーモードでは本体のSDカードに、指定のファイル数まで自動保存され、指定ファイル数に達した後、最初のファイルを削除し新たなファイルを追加していくことでエンドレスの記録を実現しています。もちろん、指定ファイル数を記録した時点で測定を停止することも可能です。稀にしか発生しない原因不明の通信障害の解明に役立ちます。

対象回線の速度 指定容量2Gバイト時
例:2Mバイト×1,000ファイル
9600bps 約120時間
230.4Kbps 約5時間
: 1Kバイト毎に1m秒の時間を空けて伝送される全二重通信ラインをモニターした場合

<リモートモードのログ設定画面>

<ロガーモードのログ設定画面>

■任意の通信速度で計測テストが可能

有効数字4桁で任意の通信速度に設定できるので、特殊な速度の通信回線でもモニターが可能です。通信データと共に記録されるアイドルタイムやタイムスタンプはアナライザー本体の高精度タイマーで計測されるため、パソコンの処理能力に依存しない正確な測定が可能です。

<計測設定>

■簡単操作のシミュレーション機能を標準装備

受信データを確認しながら、事前に登録した16種類の送信データ、またはFOXメッセージなどの固定データをワンクリックで送信できるので、通信手順のステップ確認や連続通信テストなどに広く利用できます。

<シミュレーション実行中画面、送信データ選択画面>

■内蔵RTCを利用したスケジュール計測

本体に電池でバックアップされたリアルタイムクロック(RTC)を内蔵。計測開始と終了の時間を指定したスケジュール計測が可能です。オートパワーオフ機能を利用すれば、計測終了後に自動的に電源が切れ無駄な電力を消費しません。

<スケジュール計測設定>

応用例1

<応用例1の設定>

工場の設備が稼動する午前9時から午後5時30分の期間だけ、この設備の通信データを測定する使用例

保存モード 追記
最大ファイル数 450
ファイルサイズ 4M
モード 日次
測定開始時刻 9:00
測定終了時刻 17:30
電源投入で測定開始 チェックなし

この設定では、毎日8:59にRUN LEDがゆっくり点滅して測定開始を予告します。その後、9:00から測定が始まり、通信ログデータは、4Mバイトのログファイル、450個分のリングバッファとしてエンドレスにSDカードに記録されていきます。17:30になると自動的に測定が終了し、直ちに内部電源をオフにして省電力状態で翌日の開始時刻まで待機します。

   9:01から17:30に、アナライザーを設置し電源を投入した場合は、アナライザーはすぐ省電力待機状態になり、その翌日からの測定になります。設置した日から測定を始めたいときは、「電源投入で測定開始」をチェックした設定ファイルを使用します。
   測定期間中にトリガー機能の測定停止条件が成立したときなども、測定を停止して翌日の開始時刻まで省電力待機状態になります。
応用例2

<応用例2の設定>

朝から晩までの不規則な時間に電源が供給されている制御装置があり、給電期間中にその装置が他の機器と通信するデータを記録する例

保存モード 追記
最大ファイル数 500
ファイルサイズ 1M
モード 日次
測定開始時刻 なし
測定終了時刻 なし
電源投入で測定開始 チェック
セーフティスタート
(キャパシター充電後)

この例では、アナライザーの電源を測定対象の制御装置と同じ電源からとる必要があります。朝、給電が始まると、アナライザー内の瞬時停電保護用スーパーキャパシタが充電されるまで約40秒間RUN LEDがゆっくり点滅した後、自動的に測定が始まります。通信ログは、SDカードに1Mバイトのログファイル、500個分のリングバッファ動作でエンドレスに記録されます。アナライザーへの給電が約1秒以上遮断されたとき、アナライザーは記録中のログファイルをSDカードに安全に保存した後、測定動作を停止します。

   給電直後から通信データが流れるために、すぐに測定を始める必要があるときは、クイックスタートを選択します。
但し、給電開始直後に停電した場合、SDカードのファイルが破損する可能性があります。

■通信ログファイルにシームレスにアクセス

通信ログファイルはパソコンで詳細に表示可能。一括して全てのファイルを読み込んでも、1つの計測ログファイルを扱うようなシームレスな操作性を実現しています。また、測定したデータをテキスト形式やCSV形式に変換でき、ワープロや表計算ソフトで活用できます。

<テキスト変換>

[テキスト変換したフォーマットの例]

*===============[2017-06-06 00:02:00]=*
* Model     : LE-150PR                *
* Version   : 1.00                    *
* Serial No.: ********                *
* Start time: 2017-06-06 00:00:00     *
* Stop time : 2017-06-06 00:01:00     *
*-------------------------------------*
* MONITOR DATA                        *
*  PROTOCOL: ASYNC                    *
*  S-SPEED : 9600    R-SPEED : 9600   *
*  CODE    : ASCII   CHAR BIT: 8      *
*  PARITY  : NONE    STOP BIT: 1      *
*  BCC     : NONE                     *
*                 PRINT CODE : ASCII  *
*=====================================*

SD:[ IDLE ][ TMSP ] - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   [ 0384 ][060810]
RD:                3131323030303030323036303133303031303030
                    1 1 2 0 0 0 0 0 2 0 6 0 1 3 0 0 1 0 0 0

SD: - -[ IDLE ][ TMSP ]06[ IDLE ][ TMSP ] - - - - - - - - -
       [ 0015 ][060810]AK[ 0467 ][060811]
RD:0D0A                 -                313132303030303032
   CRLF                                   1 1 2 0 0 0 0 0 2

SD: - - - - - - - - - - - - -[ IDLE ][ TMSP ]06[ IDLE ][ TM
                             [ 0015 ][060811]AK[ 0411 ][060
RD:30373031333030313030300D0A                 -
    0 7 0 1 3 0 0 1 0 0 0CRLF

SD:SP ] - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -[ TMSP ]
   812]                                            [060812]
RD:    31313230303030303230383031373730313030300D0A
        1 1 2 0 0 0 0 0 2 0 8 0 1 7 7 0 1 0 0 0CRLF

SD:15[ IDLE ][ TMSP ] - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   NK[ 4725 ][060820]
RD: -                31313230303030303230393031373530313030
                      1 1 2 0 0 0 0 0 2 0 9 0 1 7 5 0 1 0 0

SD: - - -[ IDLE ][ TMSP ]06[ IDLE ][ TMSP ] - - - - - - - -
         [ 0072 ][060820]AK[ 0651 ][060821]
RD:300D0A                 -                3131323030303030
    0CRLF                                   1 1 2 0 0 0 0 0
      

1つのPCソフトで複数のアナライザーを制御可能

付属のPCリンクソフトLE-LINK20は、複数のアナライザーを同時にコントロールして、接続したアナライザー分の測定ウィンドウにデータを表示できます。

利用シーンを拡げる安心設計

■突然の停電から貴重な測定データをガード[特許取得済み]

スーパーキャパシタを効果的に利用した新開発の瞬時停電時最適バックアップ制御方式により、SDカードへのデータ記録中に停電になってもSDカードの破損を防ぎ、SDカード内の貴重な通信ログファイルを守ります。また、停電からの復電時の計測スタートのタイミングを、即時スタートとスーパーキャパシタ充電後のスタートのいずれかを選択できるので、電源系統の状態や通信データの発生状況に応じた連続計測が可能となりました。

■過酷な現場環境に適合できる堅牢な小型筐体

手のひらサイズで堅牢な本体は、-10~+55℃で利用可能。USBバスパワー動作だけでなく、DC7~34Vの外部DC電源でも動作可能です。 SDカードスロットとUSBコネクタには2ウェイ動作に配慮した防塵カバーを装備。35mmDINレールへの取り付けにも対応できるので、調査対象設備への固定や検査ラインへの組み込みも簡単です。

<防塵キャップを装備>

<DINレール取付例>

■日本語と英語を自動切換え

日本語Windows®上では日本語表示、英語版Windows®上では英語表示に自動的に切り替わりますので、海外の開発拠点にも安心して導入いただけます。