TERM / 通信基本用語

■ Modbus

Modbus(モドバス)とは

Modicon社がPLC (プログラマブルロジックコントローラ) 用途に開発したシリアル通信プロトコルです。
Modbusでは通信プロトコルだけが規定され、通信媒体などの物理レイヤは規定していません(RS-232-C、RS-485が一般的)。
通信方式には、マスタ・スレーブ方式を採用しています(他のネットワーク(例:TCP/IP)上に、Modbus プロトコルのメッセージを組み入れた通信もあります)。

 

シリアル通信は、マスタ・スレーブ方式で行われ、マスターからのクエリー(通信の開始)とスレーブからの応答メッセージで通信します。
シリアル通信 伝送方法 その他
Modbus ASCII 1バイト(8ビット)データを2文字のASCIIコードに変換して伝送 エラーチェック:LRC法
Modbus RTU 1バイト(8ビット)データをそのまま伝送 エラーチェック:CRC法
ASCIIモードより伝送効率が良いため、RTUモードが主流

⇒ ラインアイの通信プロトコルアナライザー LE-8200A / LE-8200 / LE-3500 はModbus ASCIIとModbus RTUの計測に対応しています。
<LE-8200(およびLE-8200A)のModbus対応について>
<LE-3500 のModbus対応について>

 

TCP/IP方式の通信では、マスタ/スレーブ通信だけでなく、1対1通信も可能です。
TCP/IP通信 伝送方法 その他
Modbus/TCP Modbus/RTUメッセージをTCP/IPネットワークに乗せて送信 産業用イーサネットで最も一般的

⇒ ラインアイの Modbus TCPゲートウェイ SI-485MB はModbus ASCII/RTUとModbus TCPの双方向変換に対応しています。