PRODUCT / 商品情報
ModbusTCP⇔ModbusRTU/ASCII
(LAN⇔RS-422/485)
Modbus TCPゲートウェイ

SI-485MB

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

■各部の説明

LAN コネクタLED表示
左LED 右LED 意味
消灯   未接続
橙点灯   10BASE-Tリンク
緑点灯   100BASE-TXリンク
  消灯 無通信
  橙点滅 半二重通信中
  緑点滅 全二重通信中

 

RS-422/485端子台
端子 全二重モード※1 半二重モード ※1
信号名称 入出力※2 信号名称 入出力※2
1 SD+ Out - -
2 SD- Out - -
3 RD+ In SD/RD+ I/O
4 RD- In SD/RD- I/O
5 GND - GND -
6 DC-IN 5~30V - DC-IN 5~30V -
※1: ディップスイッチおよび設定により切り換えることができます。
※2: 本機からの信号出力方向を"Out"、入力方向を"In"、双方向を"I/O"。

[ コネクター面 ]

■接続例

[ Modbus マスター接続モード ]

SI-485MBをマスター接続モードに設定すると、Modbusシリアル(RTU/ASCII)マスター機器をModbus TCPのマスターとして通信することが出来ます。
RS-422/485側のマスター機器からModbus RTU/ASCIIフレーム(クェーリメッセージ)を受信するとフレームのアドレスフィールドより指定されたIPアドレス宛または設定した特定IPアドレス宛にTCP接続を行い、Modbus TCPフレームフォーマットに置き換えて送ります。

[ Modbus スレーブ接続モード ]

SI-485MBをスレーブ接続モードに設定すると、Modbusシリアル(RTU/ASCII)スレーブ機器をModbus TCPのスレーブとして通信することが出来ます。
Modbus TCPマスター機器から接続され、Modbus TCPフレーム(クェーリメッセージ)を受信するとModbus RTU/ASCIIフレームフォーマットに置き換えてRS-422/485側に送ります。
最大で10台のModbus TCPマスター機器からの接続が可能で、共有アクセスを管理、調整します。