TERM / 通信基本用語

■ HDLC

HDLC

HDLC (High-level Data Link Control) とは、IBM社開発したSDLC(Synchronous Data Link Control)が元になっており、ISOによって標準化がされています。大量かつ、高速なデータ通信に対応しており、高能率で信頼性の高い伝送制御手順です。基本形データ伝送制御手順では、データはキャラクタの連続となりますが、HDLC手順では任意長のデータの伝送が可能なため、テキスト以外の多様なデータにも対応します。データはフレームという単位で送られ、相手の応答を待たずに連続して転送されます。また、誤り制御BCCに比べ、より信頼性の高いCRC方式が使われます。任意のビットパターン伝送が可能で、分岐回線でも全二重通信ができます。

計測できる機種:「LE-8200A」、「LE-8200」、「LE-3500」、「LE-2500」、「LE-200PS

高速HDLCを計測できるオプション:「OP-FW12GA」「OP-FW12G」(LE-8200A/8200用)、「OP-FW10G」(LE-3500用)