PRODUCT / 商品情報

マルチプロトコルアナライザー

LE-8500X-RT
LE-8500XR-RT

7インチカラーLCD搭載
電池駆動ポータブル通信アナライザー

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード
開発中 2022年10月発売予定

●RS-232C、RS-530、RS-422/RS-485、TTLに1台で対応可能
●レガシーインターフェースV.35やX.20/21、RS-449を計測可能
●柔軟な通信テストが可能なプログラムシミュレーション機能
●伝送品質解析に役立つビットエラーレイトテスト機能
●ロジアナ機能で取得したタイミング波形データを再現出力
●GNSS(PPS)信号による時刻同期が可能なタイムスタンプ
●USB3.0経由で大容量外部ストレージに通信ログを自動記録
●タッチパネル付き7インチカラー液晶搭載の新設計軽量筐体
●スナップショットやテキスト形式で計測レポートを保存
●LAN、USB、またはWi-Fi(XRのみ)接続でPCリンク

 

ラインナップ

LE-8500X-RT     Wi-Fi接続機能なし
LE-8500XR-RT   Wi-Fi接続機能あり

LE-8500X-RT / LE-8500XR-RTは、RS-232C、RS-530、RS-422/RS-485およびTTLレベルのシリアル通信を1台で計測テストできるマルチプロトコルアナライザーです。テスト状況に応じてモニター機能、通信シミュレーション機能、ビットエラーレイト機能などを使用して、パソコン周辺やFA機器のシリアルインターフェースや組込みボードのUART、SPI、I2Cなどの開発やメンテナンスに広く利用できます。タッチパネル付き7インチワイドカラー液晶を装備し、パソコンを使用せずに現場で計測データをすぐに確認でき、ログデータはUSB 3.0(Gen1)経由でUSBメモリー等に自動保存できるので計測終了後に詳しく解析することが可能です。また、別売のGPSアンテナを接続すれば、GNSS信号により時間補正されたタイムスタンプをモニターデータに付加できるので、通信障害解析のために長期間2地点で同時に計測したデータを、タイムスタンプを基に比較検証するような使い方にも対応できます。さらに標準計測ボードを別売のLAN計測ボードと交換することで、イーサネット系ネットワークでも利用可能。1台あれば、PC周辺や組込み機器から鉄道・航空・各種製造ラインなど信頼性の重視される通信分野まで長年使用いただけます。