マルチプロトコルアナライザー

LE-8600X
LE-8600XR

7インチカラーLCD搭載
電池駆動ポータブルLANアナライザー

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

SFP/SFP+モジュールに適合する2つの計測ポート

10GbEや1GbEのシングルモードやマルチモードの光ファイバーケーブル等を利用するネットワークの計測が可能な2つのSFP/SFP+モジュールポートを装備しています。

□ 対応可能なSFP/SFP+モジュールの例

  • 10GBASE-LR SFP+モジュール 波長1310nm 最大転送距離10km (LC)
  • 10GBASE-SR SFP+モジュール 波長850nm 最大転送距離300m (LC)
  • 10GBASE-T SFP+モジュール 最大転送距離30m (RJ45)
  • 1000BASE-LX/LH SFPモジュール 波長1310nm 最大転送距離20km (LC)
  • 1000BASE-SX SFPモジュール 波長850nm 最大転送距離550m (LC)
  • 1000BASE-T SFPモジュール 最大転送距離100m (RJ45)

[ SFPモジュール ]

□ SFP/SFP+モジュール情報表示
SFP/SFP+モジュールの情報を詳細に表示することができます。

10Gbitパケットのリアルタイムモニター記録

10GbEや1GbEの光ファイバーケーブル等を流れる高速通信パケットをCRCエラーフレーム等も含めてキャプチャ。7インチワイドカラー液晶にダイレクトにリアルタイム表示できため、パソコンを併用する必要はありません。

ネットワーク負荷テスト用のテストパケットを出力可能

1台でパケットモニター機能だけでなく、テストパケットを出力するパケットジェネレーション機能も利用可能。テストデータは16個の送信データテーブルに設定でき、各テーブルにIFG(送信フレームギャップ)を指定して転送レートを調整しながら、ネットワークの通信負荷が重い状況を再現するようなテストが可能です。

GNSS(PPS)信号による時刻同期が可能なタイムスタンプ

一般的な±20ppm精度の水晶発振器を利用したタイムスタンプの場合、1日で最大1.7秒程度ずれる可能性があります。GNSS/GPS時刻同期機能を利用すれば、秒単位で時間補正された正確なタイムスタンプをモニターデータに付加できるため、2台のアナライザーで稀に通信障害が発生する2地点を同時に長期間計測した場合でも、2台の計測データを、タイムスタンプを基に比較検証するような使い方ができます。

[ GPS接続イメージ ]

また、GPSアンテナが接続された本機から時刻同期用のPPS信号を出力できるため、2台目のアナライザーと別売のPPS同期用の同軸ケーブルで接続すれば、タイムスタンプの同期がとれた2台同時測定が可能になります。

[ PPS信号による2台同時測定イメージ ]

大容量内蔵SSDに通信ログを自動記録

計測データをキャプチャメモリーに記録しながら、内蔵SSDに指定サイズの通信ログファイルとして長時間連続して自動保存できます。オートセーブされた通信ログファイル(#nnnnnnn.DT:nは保存順の連番)は、指定サイズの複数のファイルに分割して保存できるので、通信障害が発生した時間帯のファイルのタイムスタンプから障害発生前後の通信ログを絞り込めます。

現場での出張計測に最適な新設計の電池駆動軽量筐体

B5サイズで1kgを切る電池駆動の新筐体を採用。7インチワイドカラー液晶に計測データをダイレクトに表示でき、パソコンを併用することなく全ての計測テストが可能です。画面タッチやスワイプによる設定操作やスムースなデータスクロール表示ができるだけでなく、手袋を着用した現場でも操作できるように従来モデル同様、キースイッチによる操作にも対応。パソコンの持ち込みが制限された客先現場への出張計測に最適な製品です。

Wiresharkで解析可能なPcapNGファイルへ保存可能

計測データや設定データ、画面のスクリーンショットをUSBメモリーやSDHC等の外部ストレージに保存、読み込み、削除ができるファイル管理機能を装備。LANプロトコルの解析ソフトWiresharkで高精度タイムスタンプ付きで読み込めるPcapNGファイルに保存することもできます。

□ 計測データをパソコン上でPcapNGファイルに変換するPCソフトも利用できます。

LAN、USB、またはWi-Fi(XRのみ)接続で計測データをPCに転送

パソコンからのリモード接続、データ転送用にGビットLANやUSB3.0による高速データ転送がサポートされました。Wi-Fi対応モデルのLE-8600XRは、無線LAN経由でパソコンと接続が可能です。