PRODUCT / 商品情報

OP-SB89

LAN(PoE対応)通信用拡張セット
OP-SB89

標準価格: \80,000 (税抜)
通信アナライザーにセットして利用します。
適合機種: LE-8200A/LE-8200

概要

利用イメージ

OP-SB89は、通信アナライザーLE-8200A/LE-8200のインターフェース拡張スロットに装着して使用するイーサネットLAN計測用の拡張ボードです。 PoE(Power Over Ethernet)規格に対応し、通信と電力の両方をダイレクトに解析することができます。

 

OP-SB89G、OP-SB89E、OP-SB89の比較

 

LAN計測ボード

@ PORT A, Bオンラインモニター機能、PoE 計測機能、統計解析機能の時は、PoE の電力供給に耐えることができるフェールセーフタップになります。
PING 機能、ポート点滅機能の時は、10BASE-T/100BASE-TX のLAN ポートになります。
A PORT C ケーブルテスト機能、PSE 検出機能で使用します。
擬似 PD(PoE の受電機器) ポートになっています。
B 外部入出力端子 TRG IN 端子に接続した外部信号をL レベルにすると、オンラインモニターを自動停止します(TTL レベル)。
LAN信号表示シート
OP-SB89の
信号表示シート
LED モニター時 PING時
Link/Act Port A 点灯 - リンクアップ状態
消灯 データなし リンクダウン状態
点滅 RXデータ受信中 データ送受信中
Link/Act Port B 点灯 - リンクアップ状態
消灯 データなし リンクダウン状態
点滅 TXデータ受信中 データ送受信中
100Base-TX 点灯 100Base-TX 接続
消灯 10Base-T 接続
点滅 通信速度ミスマッチ※1 -
Ful Duplex 点灯 - Full Duplex 接続
消灯 Half Duplex 接続
点滅 コリジョン発生
PoE TAP type A 点灯 PoE Alternative A 検出 -
消灯 PoE Alternative A 未検出
PoE TAP type B 点灯 PoE Alternative B 検出
消灯 PoE Alternative B 未検出
PoE Port C 点灯 PSE(Power Source Equipment) 検出
消灯 - -
※1 TX(送信側)とRX(受信側)の通信速度が異なる場合を指します。

モニター機能

イーサネットLANをモニターし、10BASE-T/100BASE-TXのデータフレームを100Mバイトの大容量キャプチャーメモリーに記録でき、アナライザーのLCDに表示できます。また、フィルタにより特定のフレームだけを選択的に観測できます。
また、アナライザーの電源が落ちても機器間の通信に影響しないフェイルセーフタップを内蔵していますので、通信の遮断が許されない計測環境においても、安心して長時間解析を行うことができます。

<フィルタ設定画面>
<モニター画面>
連続測定が可能なリピートオンラインモード [新機能]

LANネットワーク回線のモニター機能として、従来のオンラインモード(ONLINE)に加え、測定データのリアルタイム表示や外部メモリーへの自動保存が行なえるリピートオンラインモード(REPEAT)が、バージョン1.01より新たに追加されました。

< 新バージョンのメニュー画面 >
< リピートオンラインモード記録中 >
[ モニターモードの使い分け ]
モニターモード ONLINE(従来) REPEAT(新設)
測定動作 バッファメモリー100Mバイト分を計測後に自動停止 2分割したバッファメモリーを交互に利用して連続測定
リアルタイム表示 不可 可能
オートセーブ 不可 外部メモリーに最大128Gバイトまで自動記録可能
キャプチャ性能 高い 表示処理やファイル処理が増える分やや低い
主な用途 通信データ量が多い回線での全フレーム記録 比較的通信データ量が少ない回線での長時間連続データ記録
データ活用

専用ユーティリティソフト lepcapcvt を使えば、測定データをUSB経由でPCに転送し、.pcap形式ファイルに変換してEtherreal、WiresharkなどのフリーのLAN解析ソフトで利用できます。
LE-8200A/LE-8200本体に外部メモリーをさして、外部メモリー経由でPCにデータを転送することもできます。


※1 USBケーブルは付属していませんので、USB接続で利用される場合は別途USBケーブルをご用意ください。なお、シリアル接続の時はアナライザー付属のAUXケーブルLE2-8Vが利用可能です。
※2 LE-8200A/LE-8200はCFカードにデータ保存が可能です。パソコン側にはCFカードの読み取りインタフェースが必要です。
※3 LE-8200AはUSBメモリーにデータ保存が可能です。
< ユーティリティソフト lepcapcvt の画面例 >
< Wiresharkで利用する操作例 >

統計解析機能

<グラフ表示画面>
通信トラフィックやエラーパケット数などの時系列変化の統計をとることができます。
<カウンタ表示画面>
統計カウンタの種類
Total 総受信フレーム数
Good 正常フレーム数
Broadcast ブロードキャスト数
Multicast マルチキャスト数
Pause ポーズフレーム数
Length1 0 〜 63Byte 長のパケット数
Length2 64Byte 長のパケット数
Length3 65 〜 127Byte 長のフレーム数
Length4 128 〜 255Byte 長のフレーム数
Length5 256 〜 511Byte 長のフレーム数
Length6 512 〜 1023Byte 長のフレーム数
Length7 1024 〜 1518Byte 長のフレーム数
Length8 1519Byte 長超のフレーム数
CRC error CRC エラー数
Alignment error アライメントエラー数
Fragment error フラグメントエラー数

PoE計測

PoEの電力供給に耐える絶縁トランスを内蔵し、一般のLANケーブルのみならず、PoE機器間をつなぐLANケーブルへダイレクトにタップ接続することが可能です。タップ接続するだけで、通信解析はもちろん、PoEの電力ロガーとしても利用可能です。

PoE計測機能は、給電機器(PSE)から受電機器(PD)への電圧、電流、消費電力などを測定して最大400万データ分まで連続記録すると共に適正判定を行います。計測したデータは、CSVファイル形式で外部メモリーに保存できますので、PCの表計算ソフトでも活用可能です。電力供給の困難な場所に設置されたネットワークカメラ、スイッチングハブ、無線LANアクセスポイント、IP電話機などの電力供給テストに役立ちます。

<PoE測定時の接続イメージ>
<PoE 計器表示画面>
<PoE グラフ表示画面>
<PoE ダンプ表示画面>

PSE判定機能

LANポートのうち1つ(Cポート)には擬似PD機能があり、このLANポートへPoE対応の給電機器(PSE)を接続すると、アナライザー自身が受電機器(PD)となって、PSEからの電力供給を確認することができます。

<接続イメージ>
<電源供給インジケータ>
また、PSEをA、Bどちらかのポートに接続し、残ったポートとCポートを短絡すると、Cポートを介してアナライザー自身がPDとなりながら、電力を解析することが可能です。 <A、B、Cポート使用で、擬似PDの電力解析時の接続イメージ>

ケーブルテスト機能

LANポートのうち1つがケーブルテストポートとなっており、LANケーブルのチェックが可能です。
TDR方式で3m〜120mまでのLANケーブル長を測定することができます。
また断線や短絡、スプリットペアを検出して本体LCDに表示することができます。
<ケーブルテスト画面>
<ケーブルテスト画面 NG例>
<ケーブルテスト画面 NG例>

PING機能、ポートブリンク機能

<ポートブリンク機能の接続イメージ>

リンク確認テストに便利なPING機能、HUBのリンクランプを点滅させて床から出る複数ケーブルの特定に役立つポート点滅機能など、LAN機器の開発時だけでなくLAN敷設現場での多くのシーンで利用できる便利な機能を満載しています。

<PING設定>
<PING画面>

印字機能

各機能で測定されたデータは、各機能の表示フォーマットに応じた形式で印字することができます。また、出力先をファイルにすれば、外部メモリーにテキスト形式やCSV形式(PoE時)で保存できます。
LANフレーム印字例
*=[LE-8200]=====[2013-02-19 12:02:00]=*
* Model     : LE-8200                 *
* Version   : 1.02                    *
* Extension : OP-SB89                 *
* Serial No.: ********                *
* Start time: 2013-02-19 12:00:00     *
* Stop time : 2013-02-19 12:01:00     *
*-------------------------------------*
*  PROTOCOL: LAN                      *
*=====================================*

---Date---------Time------------Source----------Destination-----Protocol---
2010-07-30 10:23:34.849000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.851000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.852000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.852000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.867000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.867000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.867000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.867000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.962000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.981000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.981000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.981000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:34.994000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.994000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.994000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:34.995000 192.168.0.7       202.93.70.237     TCP
2010-07-30 10:23:35.129000 192.168.0.7       192.168.0.1       UDP
2010-07-30 10:23:35.135000 192.168.0.1       192.168.0.7       UDP
2010-07-30 10:23:35.136000 192.168.0.7       202.93.70.236     TCP
2010-07-30 10:23:35.150000 202.93.70.236     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:35.151000 192.168.0.7       202.93.70.236     TCP
2010-07-30 10:23:35.160000 192.168.0.7       202.93.70.236     TCP
2010-07-30 10:23:35.174000 202.93.70.236     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:35.175000 202.93.70.236     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:35.175000 202.93.70.236     192.168.0.7       TCP
2010-07-30 10:23:35.175000 192.168.0.7       202.93.70.236     TCP
LAN詳細翻訳印字例
*=[LE-8200]=====[2013-02-19 12:02:00]=*
* Model     : LE-8200                 *
* Version   : 1.02                    *
* Extension : OP-SB89                 *
* Serial No.: ********                *
* Start time: 2013-02-19 12:00:00     *
* Stop time : 2013-02-19 12:01:00     *
*-------------------------------------*
*  PROTOCOL: LAN                      *
*=====================================*

---Date---------Time------------Source----------Destination-----Protocol---
2010-07-30 10:23:34.849000 202.93.70.237     192.168.0.7       TCP
 Ethernet II
  Destination: 00-19-21-1D-E6-A8
  Source: 00-A0-DE-3F-B0-9C
  Type: IP (0x0800)
 Internet Protocol
  Version: 4
  Header length: 20
  Service type: 0x00
  Total length: 175
  Identification: 0xcbb9 (52153)
  Flags: 0x00
  Fragment offset: 0
  Time to live: 47
  Protocol: TCP (0x06)
  Header checksum: 0xed95 - correct
  Source: 202.93.70.237
  Destination: 192.168.0.7
 Transmission Control Protocol
  Source port: http (80)
  Destination port: 1170
  Sequence number: 812010905
  Acknowledgment number: 2736423844
  Data offset: 20
  Flags: -AP--- (0x18)
  Window: 6432
  Checksum: 0xc653 - correct
 Data
  Length: 135
 000:  FB E0 FF 46 38 B2 ED 9D EF 6D 2F 9B E3 E1 D6 B4
 010:  AE B7 ED 69 E1 8D 3C DD E0 0E 36 A8 65 8D 6C 46
 020:  EF 7A CE BA 06 79 9C C3 ED EB 5B 9F 9A D8 54 AB
 030:  38 B9 2D 4E 72 6F 03 C4 DC 30 07 3A CC 2F 2D 42
 040:  48 07 FD CD 85 9E 74 F9 3C 2E F0 EE 3B AF AF E9
 050:  48 2F 74 04 44 0D F5 96 EB 4D 7C 44 37 B2 D4 26
 060:  E0 15 4B 3A E0 C4 54 C3 40 A5 0C E0 E4 D4 75 8C
 070:  A4 19 F0 8A 9A 5E 47 A3 A2 70 AD 05 70 8F BB DC
 080:  E7 AE 82 10 00 00 3B
PoE 機能テキスト印字例
*=[LE-8200]=====[2013-02-19 12:02:00]=*
* Model     : LE-8200                 *
* Version   : 1.02                    *
* Extension : OP-SB89                 *
* Serial No.: ********                *
* Start time: 2013-02-19 12:00:00     *
* Stop time : 2013-02-19 12:01:00     *
*-------------------------------------*
*  PROTOCOL : IEEE 802.3af            *
*       TYPE: Altanative A            *
*        PSE: Port A                  *
*        PIN: 1,2 Pin                 *
*=====================================*

------TM-----------POWER-------VOLTAGE------CURRENT-------
0,000,004.565         --         +1.2          --
0,000,004.570         --         +0.9          --
0,000,004.575         --         +0.5          --
0,000,004.580       +6.3        +46.1        +137
0,000,004.585       +6.4        +46.1        +139
0,000,004.590       +6.5        +46.1        +143
0,000,004.595       +1.8        +46.9         +40
0,000,004.600       +2.0        +46.9         +43
0,000,004.605       +1.9        +47.1         +42
0,000,004.610       +0.4        +47.2         +10
0,000,004.615       +0.8        +47.0         +18
0,000,004.620       +3.0        +46.6         +66
0,000,004.625       +0.5        +47.1         +12
0,000,004.630       +0.3        +47.2          +8
0,000,004.635       +0.7        +47.1         +16
0,000,004.640       +2.9        +46.7         +64
0,000,004.645       +4.0        +46.7         +86
0,000,004.650       +0.3        +47.2          +7
0,000,004.655       +0.7        +47.1         +16
0,000,004.660       +3.2        +46.6         +69
0,000,004.665       +1.8        +47.0         +39
0,000,004.670       +1.8        +46.9         +40
PoE 機能CSV出力例

913,--,+1.2,--
914,--,+0.9,--
915,--,+0.5,--
916,+6.3,+46.1,+137
917,+6.4,+46.1,+139
918,+6.5,+46.1,+143
919,+1.8,+46.9,+40
920,+2.0,+46.9,+43
921,+1.9,+47.1,+42
922,+0.4,+47.2,+10
923,+0.8,+47.0,+18
924,+3.0,+46.6,+66
925,+0.5,+47.1,+12
926,+0.3,+47.2,+8
927,+0.7,+47.1,+16
928,+2.9,+46.7,+64
929,+4.0,+46.7,+86
930,+0.3,+47.2,+7
931,+0.7,+47.1,+16
932,+3.2,+46.6,+69
933,+1.8,+47.0,+39
934,+1.8,+46.9,+40
935,+1.8,+46.9,+39
936,+1.7,+46.9,+38
937,+1.8,+46.9,+39
938,+1.7,+46.9,+37
939,+1.6,+46.9,+36
940,+1.7,+46.9,+37
941,+1.7,+46.9,+38

主な仕様

計測インターフェース ポートA,B: 10Base-T / 100Base-TX(IEEE802.3)、PoE(IEEE 802.3af) 計測
ポートC:ケーブルテストポート、PSE検出用疑似PDポート
モニター機能 ポートA, B 間のタップ接続※1によりLANフレームを測定、記録 
適合フレームサイズ:60〜2047バイト、タイムスタンプ(13桁、分解能:1ms, 100μs, 10μs, 1μs)記録可、メモリーフル自動計測停止(ONLINEモード時)と連続記録(REPEATモード時)が可能※2、外部信号トリガー停止可能
Ethereal / Wireshark形式ファイル(.pcap形式)への変換ソフトを提供※3
記録フレーム数 最大48,000〜1,388,000フレーム (100Mバイト相当)※4
表示形式 フレーム表示と翻訳表示とHEXダンプ表示を切り替え可能
翻訳対応プロトコル:IPv4, ARP, ICMP, TCP, UDP, DHCP
フィルタ機能 指定した特定フレームのみをモニター可能
レイヤー2指定:タイプ番号,MACアドレス
IPv4指定:プロトコル番号,IPアドレス,サブネットマスク
オートセーブ機能 測定データを外部メモリーに通信ログファイルとして自動保存可能 (REPEATモード時のみ)
検索機能 指定した特定フレームのみを検索して頭出し、または計数可能
レイヤー2指定:タイプ番号,MACアドレス
IPv4指定:プロトコル番号,ポート番号,IPアドレス,サブネットマスク
統計解析機能 指定間隔(1〜240分)で2つのフレームカウンタ値の統計をとりグラフ表示可能
全種類のフレームカウンタ値をリアルタイムで表示可能
フレームカウンタ種類:総数,正常数,ブロードキャスト,マルチキャスト,ポーズ,各エラー異常数(CRC,アライメント,フラグメント),各バイト長のフレーム数(0〜63,64,65〜127,128〜255,256〜511,512〜1023,1024〜1518,1519〜)  最大計数:各4,294,967,295
PoE計測機能 PoE機器間の消費電力、電圧、電流、給電タイプ(Alternative A/B、給電方向、極性)、適正判定を指定の記録間隔(1m秒〜1秒、10段階)で測定し連続記録可能
最大記録回数:400万回、電圧測定範囲:0〜60V (確度:±1% F.S.)、電流測定範囲:0〜380mA (確度:±2% F.S.)、計器表示/ダンプ表示/グラフ表示が可能、レポート印字可、CSVファイル保存可
PSE検出機能 ポートC(クラス1の疑似PDポート)へのPSE接続を検出してLEDを点灯
ケーブルテスト機能 ケーブル長(3〜120m)、断線箇所、ショート箇所、スプリットペア有無測定可能※5
長さ測定方式:TDR法 長さ測定誤差:±1m (3〜20m以下) /±5% ( 20m超)※6
ケーブル特性補正パラメータ設定可
PING機能 ポートA, B※7にPINGコマンドを約30,000回発行して応答回数、応答時間を表示
コマンド送信間隔(10ms, 50ms, 100ms, 500ms, 1s)指定可、タイムアウト時間(10ms, 50ms, 100ms, 500ms, 1s, 5s, 10s)指定可、ペイロード長(0〜900)指定可
ポートブリンク機能 ポートA, B※7に約1秒周期でリンクとリンク切断を繰り返し動作
接続したハブのリンクLEDを点滅させることで複数ポートの識別が可能
構成品 専用拡張ボード, ラインステート表示シートC, LANケーブル, ユーティリティCD
※1:ポートA, B 間は、アナライザーの電源がオフになっても対象機器間の通信に影響を与えないフェイルセーフタップ回路になっています。
※2:REPEATモード時は、2分割したバッファメモリーを交互に利用することで測定データの連続記録を実現しており、測定中のリアルタイム表示や外部メモリーへの自動保存(オートセーブ機能)が可能です。但し、表示処理やファイル保存処理のない通常のONLINEモードよりキャプチャ性能が若干低くなるため、測定対象回線のスループットが高い時は通信データの記録洩れが発生することがあります。REPEATモード時は、ファームウェアVer.1.01から利用可能です。
※3:pcap形式への変換ソフトはWindows® Vista/7/8パソコンで動作します。測定データの受け渡しのために外部メモリーとそのインターフェースがあるパソコンが必要です。
※4:1フレームにつき12バイトの付加情報と共に記録されます。
※5:開放測定方式のため、ケーブルマップ(結線情報)は表示できません。
※6:一般的なカテゴリー5eケーブル測定時の誤差規定です。ケーブルによってはケーブル特性補正パラメータを適切に設定する必要があります。
※7:テスト動作を開始すると、ポートA,Bがタップ回路から一般的なLANポートに切り替わります。