PRODUCT / 商品情報

Ethernetネットワークの評価・性能テスト
データ解析をUSBポートで手軽に実現

LANパケットテスター

LE-580FX

標準価格: \140,000 (税抜)


LE-580FXは、パソコンのUSB2.0に接続して使用するLANアナライザーです。
10/100BASE-TXの全二重データを取り込みUSB2.0の480Mbps高速転送でPCに出力できるタップ(TAP)モードと最大100Mbpsのラインレートでテストパケットを出力できるパケットジェネレータ(PG)モードを装備しています。

ノートパソコンと組み合わせれば、どこでも簡単にLANの計測を始めることができます。次の用途に最適です。

USBバスパワーで動作可能、手軽に持ち運べるLAN解析ツール

小型・軽量でUSBバスパワーで動作できるので、ノートパソコンと共にバッグに入れて手軽に持ち運ぶことが可能です。

手軽に持ち運べるLAN解析ツール
各部の説明
各部の説明
  1. 電源LED
  2. 動作モードLED
  3. ポートA状態表示LED
  4. ポートB状態表示LED
  5. 計測ポートAコネクタ
  6. 計測ポートBコネクタ

10/100MbpsのLANデータをUSB経由でキャプチャ

本体のA/Bポートにスルー接続されたLANケーブル内を流れる10/100BASE-TXの全二重データを分岐して取り込みUSB2.0ポートから出力するタップ(TAP)モード。USBで接続したパソコンにデータを取り込み、その内容を表示することができます。

<TAPモードの利用イメージ>
TAPモードの利用イメージ

キャプチャデータのエクセル出力

キャプチャしたデータは、Excelファイルにエクスポートすることができます。

<キャプチャウィンドウ画面>
キャプチャウィンドウ画面

<Excel画面>


特定パケットのみを取得可能なフィルタ機能

全パケットを取り込むだけでなく、指定した条件で特定のパケットのみを取り込むことができます。
フィルタ条件は、MACまたはIPアドレス指定、プロトコル(ARP/IP/ICMP/IGMP/TCP/UDP/ユーザー定義)とIPアドレスとポート指定、パケットサイズ指定などが可能です。

<フィルタ設定画面>
フィルタ設定画面 フィルタ設定画面

トラフィック量は目視できます

視覚的にトラフィックの量を確認することができます。各回線ごとに縦に3本の棒グラフで、パケット・利用率・エラー数カウントの割合を示しています。



著名なイーサネット解析ソフトが利用可能

キャプチャしたデータは、イーサネット解析ソフトとして広く利用されているEthereal / Wiresharkで利用可能。また、パソコンのネットワークアダプタとして動作するため、Ethereal / Wiresharkなどの解析ソフトから直接本機を制御でき、使い慣れたテスト環境を提供します。

<Etherealによる解析表示画面>
Etherealによる解析表示画面

<Wiresharkによる解析表示画面>
Wiresharkによる解析表示画面

Ethereal / WiresharkによるTAPモニター

Ethereal / WiresharkからLE-580FX本体を直接制御して、ライン上のパケットをリアルモニタすることも可能です。弊社HP上で配布しているユーティリティツールと組み合わせれば、測定対象のポートのメディアタイプに合わせてLE-580FX本体のメディアタイプを設定することができ、便利に使用できます。

最高100Mbpsのラインスピードでパケット出力

指定した転送レートでテストパケットを出力し、ネットワーク機器の通信処理能力や高トラフィックなネットワーク環境下での機器の挙動を評価するパケットジェネレータモード。本体のFPGAでパケットを生成し出力するため、パソコンの性能に左右されません。

<PGモードの利用イメージ>
PGモードの利用イメージ
テストパケットを自由に定義可能

2〜7レイヤのフレームデータを128種類まで自由に定義し連続または回数指定で送信。タグVLANやMPLSの指定、CRCなどのエラー付加にも対応しています。また、キャプチャしたデータを送信パケットとして簡単に利用することも可能です。

<パケットエディタ画面>
パケットエディタ画面
統計に役立つ豊富なハードウェアカウンタを内蔵

ネットワークの品質を定量的に調べるときに役立つに統計情報を本体のFPGAで計数し、時系列の変化が判りやすいトレンドチャートや計測ポート別の集計表形式で表示します。
データ数やパケット数を単に計数するだけでなく、各種エラー別、パケットサイズ別、データ衝突タイプ別、フィルタで指定した特定パケットなど、きめ細かく分類して計数が可能です。

エラータイプ TCPチェックサム、IPチェックサム、Alignment Error、Dribble Error、CRC Error、DIチェックサムError、Sequence Miss(Series Error)、BERT Error
パケットサイズ 64バイト以下、64〜127バイト、128〜255バイト、256〜511バイト、512〜1023バイト、1024〜1518バイト、1518バイト以上
コリジョン(衝突)タイプ 総衝突回数、1回の衝突だけで送信が成功した回数、2回以上の衝突で送信が成功した回数、16回の衝突で転送を失敗した回数、512ビット時間経過後に衝突を検出した回数

ハードウェアカウンタ

VLAN対応のQoSテスト機能

本機のポートAからポートBに(または、ポートBからポートAに)テストデータを送信しネットワークのQoSテストが可能。VLAN のVID (0〜4095) やCoS (0〜7) パラメータも付加できる最大8つのテストパケット列を出力し、パケットロスやレイテンシータイムなどの基本的なQoSを評価できます。
<QoSの測定画面>
QoSの測定画面QoSの測定画面

RFC 2544準拠テストツールの無償提供

RFC-2544(インターネットに関する技術仕様)準拠のユーティリティソフトLE-580FX F2544をご用意しました。

4つのテストが簡単な操作で可能です。
(弊社HPからのリリースとなります)

無償・無保証でのご提供となります。

ダウンロードはこちら

RFC2544の資料はIETFのHPにあります。

ユーザーによるアプリケーションの開発が可能に

APIのご提供

LE-580FX(デバイス)を制御するためのAPI(Application Programming Interfaces)をBCBおよびVC環境のライブラリとして、無償でご提供します。

このAPIによって、ユーザー自身でPCアプリケーションを開発し、LE-580FX(デバイス)を制御することが可能になります。

VC用のサンプル

LE-580FXのAPIをご利用いただくにあたっては、下記の内容をご承諾いただきます。


APIのご請求について

ユーザー登録をされる上で、APIファイル一式のご請求要望を「ご意見、ご要望」欄に入力してください。

なお、LE-580FXの購入をご検討中のお客様は、お問い合わせください。

お客様のニーズに応える受託開発

ラインアイでは、上記APIのご提供とは別に、ユーザーのニーズに応じたLE-580FXアプリケーションの受託開発を承っております。

サンプルソフト

ネットワーク機器の生産ラインにおける利用を想定したデモンストレーション用サンプルソフト「LE-580FX MPT」を無償でリリースします。
LE-580FX MPTは、スイッチングハブなどネットワーク機器の生産ラインで、製品の通信機能を検査する試験機を想定したサンプルソフトです。

設定画面 測定後の画面

LE-580FXをLANケーブルでスイッチングハブに接続し、次のような検査項目を設定条件どおりに一括して行った後、検査結果をテキストファイルに保存します。

検査項目

パケットの送受信(Tx/Rx のテスト)
フロー制御
ブロードキャスト
フィルター
CRCエラー
PING

<留意事項>
  • LE-580FX MPTはサンプルソフトです。無保証の条件でのご利用となります。
  • 必ずお客様の責任においてご使用ください。
  • LE-580FX MPTの操作に関する詳細は、LE-580FX MPTユーザーズマニュアルをご参照ください。

LE-580FX MPTダウンロードはここから。
受託開発のご相談については、こちらまで。