PRODUCT / 商品情報

Ethernetネットワークの評価・性能テスト
データ解析をUSBポートで手軽に実現

LANパケットテスター

LE-590TX

10/100BASE-TX対応

 

LE-590TXは、パソコンのUSB2.0に接続して使用するLANアナライザーです。
10/100BASE-TXの全二重データを取り込みUSB2.0の480Mbps高速転送でPCに出力できるタップ(TAP)モードと最大100Mbpsのラインレートでテストパケットを出力できるパケットジェネレータ(PG)モードを装備しています。

ノートパソコンと組み合わせれば、どこでも簡単にLANの計測を始めることができます。次の用途に最適です。

USBバスパワーで動作可能、手軽に持ち運べるLAN解析ツール

小型・軽量でUSBバスパワーで動作できるので、ノートパソコンと共にバッグに入れて手軽に持ち運ぶことが可能です。

手軽に持ち運べるLAN解析ツール

<接続イメージ>
各部の説明
各部の説明
  1. 電源LED
  2. USB転送状態表示LED
  3. 動作モードLED
  4. ポートB状態表示LED
  5. ポートA状態表示LED
  6. 計測ポートBコネクタ
  7. 計測ポートAコネクタ

10/100MbpsのLANデータをUSB経由でキャプチャ

本体のA/Bポートにスルー接続されたLANケーブル内を流れる10/100BASE-TXの全二重データを分岐して取り込みUSB2.0ポートから出力するタップ(TAP)モード。USBで接続したパソコンにデータを取り込み、その内容を表示することができます。

<TAPモードの利用イメージ>
TAPモードの利用イメージ

<付属ソフト LE590-TAP キャプチャ表示画面>

キャプチャしたデータは、Wiresharkなどのネットワーク解析ソフトで表示することができます。


特定パケットのみを取得可能なフィルタ機能

全パケットを取り込むだけでなく、指定した条件で特定のパケットのみを取り込むことができます。
フィルタ条件は、MACまたはIPアドレス指定、プロトコル(ARP/IP/ICMP/IGMP/TCP/UDP/ユーザー定義)とIPアドレスとポート指定、パケットサイズ指定などが可能です。

<フィルタ設定画面>

トラフィック量は目視できます

トラフィックの状況を折れ線、円、棒グラフで視覚化することができます。

<チャート 折れ線グラフ表示>

<チャート 円グラフ表示>

最高100Mbpsのラインスピードでパケット出力

指定した転送レートでテストパケットを出力し、ネットワーク機器の通信処理能力や高トラフィックなネットワーク環境下での機器の挙動を評価するパケットジェネレータモード。本体のFPGAでパケットを生成し出力するため、パソコンの性能に左右されません。

<PGモードの利用イメージ>
PGモードの利用イメージ

<LE590-SG ストリームジェネレート設定画面>

<LE590-SG フレーム編集ダイアログ>
テストパケットを自由に定義可能

2〜7レイヤのフレームデータをA/Bポートそれぞれ64種類まで自由に定義し連続または回数指定で送信。VLANタグの指定、CRCなどのエラー付加にも対応しています。また、キャプチャしたデータを送信パケットとして簡単に利用することも可能です。

RFC 2544準拠テストツールが標準付属

RFC-2544(インターネットに関する技術仕様)準拠のユーティリティソフト LE590-2544 をご用意しました。

4つのテストが簡単な操作で可能です。テスト結果をレポートとして出力することができます。

<LE590-2544 レイテンシーテスト画面>

USB接続のNICとしても使用可能

付属のユーティリティソフト LE590-NIC を使うと、LE-590TX をUSB接続で増設したネットワークインターフェースとして使用することもできます。また、本体ファームウェアの更新にもLE590-NICを使用します。