PRODUCT / 商品情報

TTLモニタープローブポッド OP-5M

標準価格: \42,000 (税抜)

概要

OP-5Mは、TTL通信ラインをモニターするためのプローブポッドユニットです。モニター時の入力レベルは、2.5V、3.3V、5Vの電源系回路で利用されるIC信号レベルのシリアル通信に対応でき、外部プルアップ用電圧を取り出すことも可能です。プリント基板上のLSI間のシリアル通信等をテストクリップで直接接続して評価するのに最適です。

シミュレーション機能では使用できません。
[高級テストクリップ使用]
OP-5M仕様
項 目 仕 様
入力信号 SD、RD、RTS、CTS、DSR、DTR、DCD、CI
入力レベル閾値 信号レベル High閾値 Low閾値
5.0V系 最小3.5V 最大1.5V
3.3V系 最小2.2V 最大0.9V
2.5V系 最小1.7V 最大0.7V
入力信号レベルはディップスイッチで選択
入力ヒステリシス電圧 最小0.3V〜最大1.2V
入力インピーダンス 100KΩ(0V≦Vin≦+5V)
10KΩ(Vin<0V、+5V<Vin)
入力容量 10pF以下
最大入力耐圧 ±25V
テスト用プルアップ
電圧出力
ディップスイッチNo.2〜4に応じたテスト電圧を抵抗1.5KΩ経由で白リードのクリップに出力可能(オープンコレクタ出力のテスト対象信号のプルアップ用としても利用可)
ディップスイッチ 信号極性や入力信号レベルを選択可能
No. スイッチの定義
1 信号極性
2 5.0V系 信号レベル
3 3.3V系 信号レベル
4 2.5V系 信号レベル
電 源 アナライザー本体より供給
ポッド本体寸法、重量 78(W)×92(D)×22(H)、240g
プローブユニット リード線長さ:170mm
テストクリップ:10個、ワニ口クリップ:1個
プローブケーブル長さ 300mm
適合機種 LE-200PR / LE-200PS / LE-150PS / LE-150P / LE-150L