BACK NUMBER / 更新履歴

お客様各位
2018年 2月2日

EtherCATの計測が可能な通信計測ボード OP-SB89E を開発

(株)ラインアイは、EtherCAT機器の入力ポートと出力ポートを個別に測定可能な、プロトコルアナライザーLE-8200A/LE-8200用のLAN(2ch)通信用拡張セット OP-SB89E を開発、近日発売いたします。

[ 発売の背景 ]

  M2Mの広がりとともに、FAの分野では産業用イーサネットの活用が進んでおり、その中でもシェアを伸ばしているEtherCATのネットワークでのトラブル解決、開発促進の為の通信計測が可能な機器が求められていました。

  このたび、(株)ラインアイは、プロトコルアナライザーLE-8200A/LE-8200の拡張スロットに装着して使用するLAN(2チャンネル)の計測テストに対応した拡張セットOP-SB89Eを発売致します。4つの計測ポートを装備し、2つのEthernet回線をキャプチャできるので、EtherCATスレーブの入力と出力を同時にモニターすることが可能です。電池駆動のスタンドアロン型LANアナライザーとして動作しますので、機器の開発時だけでなく、現場での機器設置時や障害解析時などにも利用できます。

OP-SB89Eの製品情報

 

<OP-SB89E計測ボード>
<OP-SB89Eの使用イメージ>

[ 特徴 ]

  1. 2つのEthernet回線を同時にモニター、最小分解能40n秒のタイムスタンプ記録
  2. EtherCATデバイスの処理時間を測定可能なタイミングモニター機能
  3. ラインレートで任意のパケットを出力可能なPG機能
  4. アナライザーの電源が落ちても機器間の通信を継続できるフェイルセーフ設計
  5. 専用ユーティリティソフトで計測ログをWireshark互換のpcap形式に変換可能
  6. 通信トラフィックやエラーパケット数などの時系列的な変化をグラフ表示可能

[ 主な仕様 ]

計測インターフェース ポートA/B/C/D:100BASE-TX/10BASE-T
モニター機能 ポートA-B、C-D 間のLANフレームを測定、記録
適合フレームサイズ(60〜9Kバイト)、タイムスタンプ(13桁、最小分解能:40n秒)
外部信号トリガー停止可能
記録フレーム数 最大48,000〜1,048,000フレーム(最大100Mバイト相当)
詳細翻訳 対象プロトコル:IPv4, ARP, ICMP, TCP, UDP, DHCP, EtherCAT
ファイル変換 Wireshark互換のpcap 形式に変換可能
フィルタ機能 指定のフレームのみキャプチャ(MAC アドレス、IP アドレスなど)
遅延時間測定機能 指定のポート間の受信タイミングの時間差をμs単位で測定
統計解析機能 指定間隔で2つのフレームカウンタ値の統計をとりグラフ表示、全フレームカウンタ値をリアルタイム表示可能
PG機能 ポートA(MDI-X)、B(MDI)から最大16種類のパケットの出力が可能
その他の機能 PING機能、ポート点滅機能、CFカードへのデータ保存、検索機能
構成品 専用拡張ボード、ラインステート表示シート、LANケーブル、ユーティリティCD

[ 出荷開始 ]

2018年3月中旬

[ お問合せ先 ]

本社、営業部      TEL:075-693-0161 FAX:075-693-0163      E-Mail:  こちら

以上
≫ホームへ戻る