BACK NUMBER / 更新履歴

お客様各位
2016年11月15日

RS-232C、RS-422/485、TTL通信に標準対応した
通信アナライザー LE-3500R / LE-2500R

(株)ラインアイは、RS-232C、RS-422/485、TTL(1.8V〜5V信号レベル)の通信解析機能を標準装備した電池駆動のマルチプロトコルアナライザー 「 LE-3500R / LE-2500R 」を開発いたしました。

[ 発売の背景 ]

FA分野では現在でもRS-232CやRS-422/RS-485で機器間を接続してデータ通信が行われています。一方、IoT機器の開発では、LANモジュールや無線モジュールと制御マイコン間をプリント基板内で直接接続することが多くなってきました。そのため、RS-232C/422/485の通信だけでなく、1.8V〜5VのTTL信号レベルの UARTやI2C、SPIの通信を1台で計測やテスト可能な電池駆動の通信計測器が求められています。

[ 商品の概要 ]

このたび、(株)ラインアイは、同社のRS-232C、RS-422/485対応のポータブル通信アナライザー LE-3500/LE-2500にTTL通信の計測ポートを追加した新モデルLE-3500R/LE-2500Rを開発、2017年1月 16日より発売開始いたします。従来、UART、I2C、SPIの通信計測に必要だった別売のTTL拡張セットが不要になり、本体の計測ポートを切り替えるだけで、RS-232C、RS-422/485、および1.8V〜5V信号レベルのTTL通信の計測が行えるようになりました。実績あるオンラインモニター機能、シミュレーション機能、BERT機能を完全継承しながら、通信の高速化に対応するため内蔵バッファメモリーは大幅に増量、計測ログの自動保存先にSDHCカードやUSBメモリーが利用できるようになりました。また、Wi-Fi機能を内蔵しており、無線によるPCからのリモート計測が可能です。LE-3500R/LE-2500R はこれからのIoT機器開発に最適な通信アナライザーです。

 

[ 特徴 ]

  1. 付属キャリングバッグで持ち運べ、パソコンなどを使わず、これ1台で通信の計測テストが可能
  2. RS-232C、RS-422/485、TTL(1.8V〜5V信号)の通信計測ポートを標準装備
  3. ASYNC(UART)からHDLC、I2Cまでマルチプロトコルに対応、LE-3500RはSPI、Modbusにも標準対応
  4. 車載通信CAN、LINやレガシー通信X.20/21、RS-449、V.35などにもオプションの追加で対応可能
  5. 高速通信を長時間キャプチャできる64Mバイトの大容量バッファメモリーを内蔵
  6. 通信ログをSDHCカードやUSBメモリーに連続自動保存できるオートセーブ機能
  7. 分解能50nSのロジアナ機能やRS-232C/TTLの信号振幅レベル測定機能
  8. アクセスポイントモードまたはステーションモードでパソコンやスマホとWi-Fi接続が可能

LE-270GRの製品情報

[ 主な仕様 ]

モデル名 LE-3500R LE-2500R
計測
インターフェース
標準 RS-232C、RS-422/485、TTL(1.8V〜5V信号レベル)
拡張 CAN/LIN、X.20/21、RS-449、V.35、RS-530、カレントループ
対応プロトコル 標準 ASYNC/UART, SYNC/BSC,
HDLC/SDLC, PPP(ASYNC),
BURST, I2C, SPI, Modbus
ASYNC/UART, SYNC/BSC, HDLC/SDLC,
PPP(ASYNC), BURST, I2C
拡張 CAN、デバイスネット、LIN (Rev.1.1,1.2,1.3,2.0,2.1)、カレントループ通信
キャプチャーメモリー容量 64Mバイト 64Mバイト
通信速度 50bps〜2.048Mbps(任意設定可)※1 50bps〜1.000Mbps(任意設定可)
オンラインモニター機能 回線に影響を与えず通信ログを連続記録しリアルタイム表示
統計解析機能 通信事象を時系列にグラフ表示 なし
トリガー機能 トリガー条件と動作を4組指定可、外部トリガー(入力1点、出力2点)
シミュレーション機能 6モード プログラムモード有り 4モード プログラムモードなし
BERT機能 ITU-T G.821準拠でエラー率、ブロックエラー率などの回線品質を計測※2
付加機能 最高50nS分解能のロジアナ機能、RS-232C/TTL信号電圧振幅測定機能
補助記憶装置※3 SDHCカード/USBメモリー
最大32Gバイト
SDHCカード/USBメモリー
最大16Gバイト
外部インターフェース USB2.0、AUX(RS-232C)、Wi-Fi※4
電源 内蔵ニッケル水素電池(約7時間動作※5)、 付属ACアダプタ (入力:AC100〜240V)
外形寸法、質量 210 ( W )×154 ( D )×38 ( H ) mm、約760g
標準セット DSUB25 ピン用モニターケーブル, DSUB9 ピン用モニターケーブル, DSUB25-9変換アダプタ, 5線TTLプローブ, AC アダプタ, キャリングバック, ユーティリティCD, 取扱説明書
※1: I2Cのシミュレーションは最大1Mbpsです。高速化オプションの追加で最高10Mbps のCC-Link/HDLC/SPIに対応。
※2: BERT機能は、ASYNC, SYNCモードのみ可能。I2CやSPIでは利用できません。
※3: 動作性能保証は当社指定品のみ
※4: 海外向けモデルは仕向地の電波法の関係でWi-Fi無線機能が無効化されて出荷されることがあります。詳しくは営業部までお問合せください。
※5: 当社測定条件による。

 

LE-3500R カタログ
LE-2500R カタログ

[ 新旧モデルの仕様比較 ] ○は標準 △は別売りオプションが必要

  新製品
LE-3500R
従来モデル
LE-3500
新製品
LE-2500R
従来モデル
LE-2500
RS-232C、RS-422/485
TTL(1.8V〜5V信号) △ [OP-SB5GL] △ [OP-SB5GL]
CAN、デバイスネット、LIN △ [OP-SB7GX] △ [OP-SB7GX] △ [OP-SB7GX] △ [OP-SB7GX]
X.20/21、RS-449、V.35 △ [OP-SB10N]※1 ※1 △ [OP-SB10N]※1 ※1
CC-Link/HDLC/高速SPI △ [OP-FW10R] △ [OP-FW10G] - -
キャプチャーメモリー 64MB 6.4MB 64MB 2.4MB
全二重最高速度
半二重最高速度
2.048Mbps
2.048Mbps
1.544Mbps
2.048Mbps
1.000Mbps
1.000Mbps
1.000Mbps
1.000Mbps
統計解析機能 - -
シミュレーション機能 6モード 6モード 4モード 4モード
RS-232C信号電圧測定
TTL信号電圧測定 - -
CFカード - 最大16Gバイト - 最大8Gバイト
SDHCカード 最大32Gバイト - 最大16Gバイト -
USBメモリー 最大32Gバイト - 最大16Gバイト -
Wi-Fi 802.11 b/g/n - 802.11 b/g/n -
外形寸法 (W×D×H) 210×154×38mm 210×154×38mm 210×154×38mm 210×154×38mm
本体質量 約760g 約790g 約760g 約760g
※1: 各インターフェース用のモニターケーブルが別途必要です。

[ 専用オプション製品 ]

名称 型番 備考
インターフェース
拡張セット
CAN、LIN通信用拡張セット OP-SB7GX 2チャンネル同時計測対応
RS-530用サブ基板 OP-SB10N X.20/21、RS-449、V.35計測
カレントループ通信用拡張セット OP-SB1C SB-25L+OP-1C相当
拡張ファームウェア 高速化ファームウェア OP-FW10R CC-Link、HDLC、SPI用
モニターケーブル X.21モニターケーブル LE-25Y15 X.20/21用Yケーブル
RS-449モニターケーブル LE-25Y37 RS-449用Yケーブル
V.35モニターケーブル LE-25M34 V.35用Yケーブル
専用SDHCカード 16GバイトSDHCカード SD-16GX 動作確認済みSDHCカード
32GバイトSDHCカード SD-32GX 動作確認済みSDHCカード
専用パソコンソフト PCリンクソフト LE-PC300R 対応OS:Windows7/8/8.1/10

[ お問合せ先 ]

本社、営業部      TEL:075-693-0161 FAX:075-693-0163      E-Mail:  こちら

以上
≫ホームへ戻る