TERM / 通信基本用語

■ RS-232C

RS-232Cとは

Recommended Standard - 232Cの略で、DTE(Data Terminal Equipment データ端末装置)とDCE(Date Circuit terminating Equipment データ回線終端装置)を結ぶシリアルインターフェースです。CCITTのV.24(機械的特性)、V.28(電気的特性)の勧告に基づき、EIA(Electronic Industries Association 米国電子工業会)が規定しました。インターフェースの回路機能とそれぞれに対応するコネクタピンの割り当てが定義されています。接続ケーブルの最大長は約15m(50feet)で、最大伝送速度は20kbpsと規定されていますが、実際には、より高速な通信にも使用されています。非常に多種多様な機器が対応しており、様々な分野で使用されています。

RS-232Cを使った、シリアルデータ通信には、SYNC/ASYNC/HDLC等の方式があります。
■ 電気的特性
  電気的特性 RS-232C
ドライバ 無負荷時の出力電圧 ≦25V
負荷時の出力電圧 ±(5〜15V)
短絡時の出力電流 ≦500mA
パワーオフ時の出力抵抗 ≧300Ω
レシーバ 入力抵抗 3〜7kΩ
入力ヒステリシス電圧 ±3V
入力最大電圧 ±25V
最大ケーブル長 15m
最大伝送速度 20kbps
動作方式 不平衡
■ 信号の論理
電気レベル データ信号 制御信号
信号電圧≧+3V 「0」(スペース) 制御信号「ON」
信号電圧≦-3V 「1」(マーク) 制御信号「OFF」
RS-232Cでは25ピンが定義(一部のピンは未割り当て)されていますが、全てのピンを使用する事は少ないため9ピンのものなど様々なコネクタが存在します。また、コネクタのオス、メスも存在します。ケーブルはDTEとDCEを結ぶときはストレートのものを、DTEとDTEを結ぶ際には一般にクロスケーブルを使用します。
ピン番号 信号名 備考
 1  FG  保安用接地
 2  TxD (SD)  送信データ
 3  RxD (RD)  受信データ
 4  RTS (RS)  送信要求
 5  CTS (CS)  送信可
 6  DSR (DR)  データセットレディ 
 7  GND  シグナルグランド
 8  DCD (CD)  キャリア検出
 9-14,16,18,
 19,21,23,25
-  未使用
 15  TxC(2) (ST2)  送信信号エレメントタイミング
 17   RxC (RT)  受信信号エレメントタイミング
 20  DTR (ER)  データ端末レディ
 22  RI (CI)  被呼表示
 24  TxC(1) (ST1)  送信信号エレメントタイミング
ピン番号 信号名 備考
 1  DCD  キャリア検出
 2  RxD  受信データ
 3  TxD  送信データ
 4  DTR  データ端末レディ
 5  GND  シグナルグランド
 6  DSR  データセットレディ
 7  RTS  送信要求
 8  CTS  送信可 
 9  RI  被呼表示