PRODUCT / 商品情報
RS-232C⇔パラレル
インターフェースコンバータ

SI-40

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

■各部の説明

DTE/DCE切換スイッチ 本機のRS-232Cコネクタの入出力を
DTEまたはDCE仕様に切換えます。
電源用LED 電源投入と同時に点灯します。
通信方向・エラー表示
LED
通信方向を表示します。
点滅状態はエラーの発生したことを
示します。
DIP SW A データビット長、パリティの有無
および種類、フロー制御
通信方向、RS-232Cの通信速度の
設定を行います。
リセットスイッチ CPU のリセットを行います。
ACアダプタージャック ACアダプター用ジャックです。
RS-232Cコネクタ D-SUB 25ピン(メス) ミリネジ
パラレルコネクタ アンフェノール36ピン (メス)
DIP SW A
SW1 SW2 SW3 RS-232Cの通信速度(bps)
OFF OFF OFF 115.2K
ON OFF OFF 600
OFF ON OFF 1200
ON ON OFF 2400
OFF OFF ON 4800
ON OFF ON 9600
OFF ON ON 19200
ON ON ON 38400
SW4 OFF データビット長 8bits
ON データビット長 7bits
SW5 OFF パリティ無 ストップビット2bits
ON パリティ有 ストップビット1bits
SW6 OFF パリティEVEN(偶数)
ON パリティODD(奇数)
SW7 OFF フロー制御RTS-CTS
ON フロー制御Xon-Xoff
SW8 OFF 通信方向 パラレル→シリアル
ON 通信方向 シリアル→パラレル

■ピンアサイン

RS-232Cコネクタ
ピン番号※1 記号名 入出力※2 説明
DTE/DCE切替SW
DCE側 DTE側
1 FG - - 本機内部でD-SUB 25ピンコネクタの金属シェルに接続
2 SD I O RS-232CのSD(DTE/DCE切換SWにより入出力切換)
3 RD O I RS-232CのRD(DTE/DCE切換SWにより入出力切換)
4 RS※4 I O RS-232CのRS(DTE/DCE切換SWにより入出力切換)
5 CS※4 O I RS-232CのCS(DTE/DCE切換SWにより入出力切換)
6 DR - - 20番ピンと本機内部で接続
7 GND - - グランド端子
9 +5V IN I I このピンよりDC+5Vを供給することで本機を動作可能※3
20 ER I I 6番ピンと内部接続
※1: この表に記載のないピンは、空き端子です。
※2: 本機から信号を出力する方向を"O"、本機へ入力する方向を"I"とします。
※3: 9番ピンより電源を供給する場合は、ACアダプターを接続しないでください。
※4: DIP SW A のSW7がOFFの時は、RS-CS信号線を使用するフロー制御が選択されます。この時、出力側の信号(DTE/DCE 切換スイッチがDCE の時CS、DTEの時RS)は、本機に対して送信されるデータの禁止(-6V 以下)・許可(+6V 以上)状態を出力します。
また、入力側の信号(DTE/DCE 切換スイッチがDCE の時RS、DTE の時CS)は、本機が送信するデータに対しての禁止(-3V 以下)・許可(+3V 以上)状態を入力します。

 

パラレルコネクタ
ピン番号※1 記号名 入出力※2 説明
DIP SW A
SW8:OFF SW8:ON
1 STB I O セントロ準拠仕様のデータ確定(ストローブ)信号
2-9 DATA0-DATA7 I O 8ビットパラレルデータ(データが1の時、信号レベルは"H")
10 ACK O I セントロ準拠仕様のデータ入力完了(アクノリッジ)信号
11 BUSY O I セントロ準拠仕様のデータ送信禁止(ビジー)信号
12 PE O I 本機内部で100Ωにプルダウン
13 SLCT O I 本機内部で4.7kΩにプルアップ
16 GND - - グランド
19-30 GND - - グランド
31 INIT I O 本機内部で4.7kΩにプルアップ
32 ERROR O I 本機内部で4.7kΩにプルアップ
33 GND - - グランド
35-36 PULL O I 本機内部で4.7kΩにプルアップ
※1: この表に記載のないピンは、空き端子です。
※2: 本機から信号を出力する方向を"O"、本機へ入力する方向を"I"とします。

■採用事例

RS-232C→パラレルでの利用
  • 検査装置のシリアルポートからの印字データをSI-40で変換しパラレルプリンタに印字。
  • 長いケーブルが推奨されていないパラレルケーブルの代わりに15m程度まで可能なRS-232Cケーブルで印字データを送り、プリンタ手前のSI-40でパラレルデータに変換して印字。
パラレル→RS-232Cでの利用
  • プリンタに出力されたパラレル印字データをSI-40でシリアルデータに変換しパソコンに取り込みファイル化して利用。
  • プリンタに送られているエスケープコードをSI-40でシリアルデータに変換しRS-232Cプロトコルアナライザーでその内容を解析。

■応用例