PRODUCT / 商品情報
10Gビットイーサネット 光ファイバー対応
アグリゲーションTAP
GPSによる時刻同期対応

ProfiShark 10G+

(型番: C1AP-10G2)

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

ProfiShark 10G+は次のような特徴を備えています。

<特徴>

  • 1G/10GビットイーサネットのパケットキャプチャをUSB経由で実現
  • 10GBASE-SR/LR/ERなどSFP+モジュールを接続、光ファイバーとカッパーの両方に対応
  • 2つのポートの受信データを本体側でアグリゲート(合流)
  • USB 3.0バスパワー駆動
  • SPANモード(接続されたSFP+モジュールからトラフィックを受信するのみ)とインラインモード(2つのポート間でトラフィックを送受信)で動作
  • あらゆるフレームタイプに対応(ポーズフレーム、VLANタグつきフレーム、カプセル化されたフレームなど)
  • CRCエラーのフレームに対応
  • フレーム長は10バイトから10Kバイトまで対応
  • 8ns分解能のハードウェアタイムスタンプ
  • ネットワーク回線に影響せず動作
  • GNSS (GPS/GLONASS)受信により、タイムスタンプの時刻をUTC時刻(協定世界時)に同期
  • PPSの入出力ポートを接続することで、時刻の同期が可能

<付属ソフト ProfiShark Managerの特徴>

  • ネットワークの統計解析をリアルタイム表示
  • 接続されているSFP+モジュールの状態をリアルタイム表示
  • SPANモードとインラインモードの切り替え
  • ハードウェアフィルタとDPI(ディープ・パケット・インスペクション)
  • 各種キャプチャ設定 (パケットスライシング(フレームの先頭128バイトのみをキャプチャ)、高精度タイムスタンプ、CRCエラーのフィルターON/OFF、CRC32情報の保持)
  • キャプチャしたフレームをSSD/HDDにダイレクト保存

付属ソフト ProfiShark Manager

Wiresharkなどのネットワーク解析ソフトからProfiShark 10G+経由でパケットキャプチャを行なうことができます(ライブキャプチャモード)。付属ソフトProfiShark Managerは、ネットワーク解析ソフトと同時使用が可能で、ネットワーク解析ソフトによるキャプチャには影響を与えません。

■[ カウンター ]

ネットワークトラフィックを統計的に解析するため、各種カウンターを設定できます。

■[ SFPモジュール ]

付属ソフトのSFPモジュールタブには、接続されているSFPモジュールおよび光回線の状態が表示されます。SPANモードとインラインモードの設定切り替えが可能です。

■[ フィルタ ]

ハードウェアフィルターとDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の設定ができます。これらが有効になっている場合、ライブキャプチャとダイレクトキャプチャの両方において、フィルターおよびDPIに合致するパケットのみが表示されます。

ライブキャプチャとダイレクトキャプチャ

ライブキャプチャモードは、Wiresharkなどのキャプチャソフトを使って、NIC経由でキャプチャを行なうのと同様に動作します。
ダイレクトキャプチャモードは、製品付属ソフトを使うことで、本体でキャプチャしたフレームをパソコンのSSD/HDDにダイレクトに保存します。これはドライバレベルでキャプチャ動作を行なうため、小さなパケットであればワイヤースピードでキャプチャできます。また、タイムスタンプはハードウェアで生成された分解能8nsのタイムスタンプを付加します。キャプチャされたデータは .pcapng 形式で保存されるためWiresharkでの閲覧など活用も容易です。

■[ ダイレクトキャプチャの設定画面 ]

NASへの長時間連続キャプチャ

NASに直結してストレージとすれば、PCレスでの長時間キャプチャが可能になります。稀にしか発生しない通信障害の解明に役立ちます。

  • リングバッファと通常キャプチャを選択可能
  • ログファイルをファイルサイズや時間指定で分割保存
  • Intel系のSynology社製NASシステムに対応