PRODUCT / 商品情報

OP-SB88

FlexRay通信用拡張セット
OP-SB88


通信アナライザーにセットして利用します。
適合機種: LE-8200A/LE-8200

概要

FlexRay(フレックスレイ)通信拡張セットOP-SB88は、次世代の高速車載ネットワークとして期待されているFlexRayの通信データを同時に2チャンネルまでリアルタイムでモニターできるLE-8200A/LE-8200用の拡張セットです。複雑なパラメータの設定が不要なモニター機能とFlexRayの1つの通信ノードとしてデータを送受信できるシミュレーション機能によりFlexRay通信システムの開発を強力にサポート。フィルタ機能と大容量メモリーでFlexRayシステム導入時のトラブル解析時間を大幅に短縮。外部信号の同時測定機能により周辺機器の動作と通信データの関連性も調査できます。

 

京都ビジネス交流フェア2009でのFlexRay計測展示写真はこちら

特徴

10Mbps、5Mbps、2.5Mbpsに標準対応

FlexRayの標準的な通信速度である10Mbps、5Mbps、2.5Mbpsにモニター・シミュレーション対応します。

通信速度の設定だけでFlexRayのモニタリングが可能

FlexRay独自の約50個の通信パラメータを設定することなく、通信速度を選択するだけで手軽に通信データを観測できます。

非コールドテストノードの評価に有効なデュアルコントローラ仕様

FlexRayの通信に必要なリーディングコールドスタートノードとフォローイングコールドスタートノードを本機に
搭載された2機のFlexRayコントローラーが代行します。これによって、コールドスタートを行わない非コールドス
タートノードのモジュール単位の評価を可能にします。

FlexRayトランシーバー TJA1080を標準搭載

世界初のFlexRayトランシーバーであるNXP社製のTJA1080を標準搭載しています。

モニター機能

<ヘッダー表示>
<ペイロード表示>
チャンネル毎に設定が可能な受信フィルター
<フィルター設定>

フレームヘッダに含まれる、フレームID、各インジケータビット、サイクルカウンターを条件とした受信フレームのフィルタリングが可能です。

外部信号の同時測定

アナライザーの外部入力端子に接続された測定対象機器の信号電圧をアナログ値とデジタル値でフレームの受信 ごとに、観測・記録することが可能です。

<アナログ値表示>
<デジタル値表示>
収集固定行表示

特定フレームの任意データ(フレームヘッダ、ペイロード)を指定表示行に上書き表示でき、常にデータが流れ続けるFlexRay通信のデータ解析に役立ちます。

<収集固定行設定>
<収集固定表示>
イベントカウンター表示
<イベントカウンター表示>

チャンネルごとのフレーム受信数、データトリガーの一致件数、各エラーの発生数を表示します。トリガー機能と組み合わせて動作させることにより、特定のフレームの出現を計数することが可能です。

トリガー機能

フレームに含まれる、ペイロードデータ、フレームID、各インジケータビット、サイクルカウンターを条件としたデータトリガー、通信エラーを条件としたエラートリガー、外部入力を条件とした外部入力トリガーが使用できます。

<トリガー設定一覧>
<データトリガー詳細設定>
応用例1

トリガー成立結果をカウントアップし各フレームの出現回数をイベントカウンターにて統計表示

応用例2

トリガー成立結果を外部出力信号として、市販のオシロスコープに入力し対象のフレーム波形を観測

<市販オシロスコープとの接続>
<波形補足例>

シミュレーション機能

FlexRayノードの動作を代行するシミュレーション機能は、非コールドスタートノードの評価環境を提供するため、本機内にコールドスタート対応の2つのノードを内蔵。事前登録したペイロードデータの繰り返し自動送信やキー操作によるイベント送信ができるので、各開発フェーズで要求される通信テスト環境を効率的に実現します。

フレームの自動送信機能

タイムトリガー方式のメディアアクセスを行う静的フレームの送信を想定したフレーム送信機能です。
あらかじめ登録されたフレームデータを固定的に送信します。

<自動送信フレーム一覧>
<ペイロード設定画面>
応用例1

サイクルカウンター指定機能により、サイクルカウンターが偶数の時のみにフレームを送信させます。

応用例2

パターンテーブルを使用し、サイクルカウンター(0〜63)ごとに任意のペイロードを送信します。

応用例3

スイープ機能を使用し、ペイロードデータの一部を時間経過に沿って動的に変化させます。

<パターンテーブル>
<スイープ設定>
フレームのイベント送信機能

イベントドリブン方式のメディアアクセスを行う動的フレームの送信を想定したフレーム送信機能です。
本機へのキー入力によって、フレームの送信(動的フレームの場合)およびペイロードデータの切替えを行うことができます。フレーム毎に最大16個のペイロードデータを切替送信することができます。

<イベント送信フレーム一覧>
<ペイロード割当て画面>
FlexRayノードの送信をワンタッチで実行
<プリセットデモ機能画面>

プリセットデモ機能を使えば、FlexRayノードの複雑なパラメータを読み込んで簡単に2つのノードの送信状態を作り出すことができます。

ファイル保存機能

モニター結果および各種設定は外部メモリー(別売)に保存することができます。
FlexRayの50を超える独自のパラメータを含む、シミュレーション設定のトータルリコールも容易です。
迅速な対応を要求されるフィールドワークにおいても作業効率の向上に貢献します。

印字機能

モニター結果およびシミュレーション設定は全て印刷することが可能です。
また、これらはPCで読み込み可能なプレーンテキスト形式として外部メモリー(別売)に書き出すことも可能です。

モニター結果印字例
*=[LE-8200]======[2013-02-21 9:37:58]=*
* Model     : LE-8200                 *
* Version   : 1.04                    *
* Extension : OP-SB88                 *
* Serial No.: ********                *
* Start time: 2013-02-21 09:37:18     *
* Stop time : 2013-02-21 09:37:21     *
*-------------------------------------*
*  PROTOCOL : FlexRay                 *
*  BUS SPEED: 10M                     *
*=====================================*

----TM-----CH--ID-CYC-PRE-NUL-SYN-STA-LEN-TSS-ST-HCRC--FCRC-I1234
000.034.997 A         --SYMBOL             35                0000
000.034.997 B         --SYMBOL             35                0000
000.035.169 A    4  0  0   0   1   1    2   5  G  097 433549 0000
000.035.176 B    4  0  0   0   1   1    2   5  G  097 256F4C 0000
000.038.168 A    4  1  0   0   1   1    2   5  G  097 044901 0000
000.038.176 B    4  1  0   0   1   1    2   5  G  097 621304 0000
000.041.168 A    4  2  0   0   1   1    2   5  G  097 CDCDD9 0000
000.041.175 B    4  2  0   0   1   1    2   5  G  097 AB97DC 0000
000.044.168 A    4  3  0   0   1   1    2   5  G  097 8AB191 0000
000.044.175 B    4  3  0   0   1   1    2   5  G  097 ECEB94 0000
000.047.088 A    2  4  0   0   1   1    2   5  G  4A9 20543D 0000
000.047.095 B    2  4  0   0   1   1    2   5  G  4A9 460E38 0000
000.047.168 A    4  4  0   0   1   1    2   5  G  097 03A9A2 0000
000.047.175 B    4  4  0   0   1   1    2   5  G  097 65F3A7 0000
000.050.088 A    2  5  0   0   1   1    2   5  G  4A9 672875 0000
000.050.095 B    2  5  0   0   1   1    2   5  G  4A9 017270 0000
000.050.168 A    4  5  0   0   1   1    2   5  G  097 44D5EA 0000
000.050.175 B    4  5  0   0   1   1    2   5  G  097 228FEF 0000
000.053.088 A    2  6  0   0   1   1    2   5  G  4A9 AEACAD 0000
000.053.095 B    2  6  0   0   1   1    2   5  G  4A9 C8F6A8 0000
000.053.168 A    4  6  0   0   1   1    2   5  G  097 8D5132 0000
000.053.175 B    4  6  0   0   1   1    2   5  G  097 EB0B37 0000
000.053.408 A   10  6  1   1   0   0    2   5  G  7A7 7565D8 0000
000.053.415 B   10  6  1   1   0   0    2   5  G  7A7 133FDD 0000
000.053.807 A   20  6  0   1   0   0    2   5  G  46B 9C4A32 0000
000.053.815 B   20  6  0   1   0   0    2   5  G  46B FA1037 0000
000.054.207 A   30  6  0   1   0   0    2   5  G  3AC DC91A7 0000
000.054.215 B   30  6  0   1   0   0    2   5  G  3AC BACBA2 0000
000.056.087 A    2  7  0   0   1   1    2   5  G  4A9 E9D0E5 0000
000.056.095 B    2  7  0   0   1   1    2   5  G  4A9 8F8AE0 0000
000.056.167 A    4  7  0   0   1   1    2   5  G  097 CA2D7A 0000
000.056.175 B    4  7  0   0   1   1    2   5  G  097 AC777F 0000
000.056.407 A   10  7  1   1   0   0    2   5  G  7A7 321990 0000
000.056.415 B   10  7  1   1   0   0    2   5  G  7A7 544395 0000
000.056.807 A   20  7  0   1   0   0    2   5  G  46B 2A6B9E 0000
000.056.814 B   20  7  0   1   0   0    2   5  G  46B 4C319B 0000
000.057.207 A   30  7  0   1   0   0    2   5  G  3AC C68024 0000
000.057.214 B   30  7  0   1   0   0    2   5  G  3AC A0DA21 0000
000.058.187 A   60  7  0   1   0   0    4   5  G  563 3CAD9B 0000
000.058.198 B   60  7  0   1   0   0    4   5  G  563 52B8AE 0000
000.059.087 A    2  8  0   0   1   1    2   5  G  4A9 E1F100 0000
000.059.094 B    2  8  0   0   1   1    2   5  G  4A9 87AB05 0000
000.059.167 A    4  8  0   0   1   1    2   5  G  097 C20C9F 0000
000.059.174 B    4  8  0   0   1   1    2   5  G  097 A4569A 0000
000.059.407 A   10  8  1   1   0   0    2   5  G  7A7 3A3875 0000
000.059.414 B   10  8  1   1   0   0    2   5  G  7A7 5C6270 0000
000.059.807 A   20  8  0   1   0   0    2   5  G  46B 1C46D7 0000
000.059.814 B   20  8  0   1   0   0    2   5  G  46B 7A1CD2 0000
000.060.207 A   30  8  0   1   0   0    2   5  G  3AC 5078B5 0000
000.060.214 B   30  8  0   1   0   0    2   5  G  3AC 3622B0 0000
000.062.087 A    2  9  0   0   1   1    2   5  G  4A9 A68D48 0000
000.062.094 B    2  9  0   0   1   1    2   5  G  4A9 C0D74D 0000
000.062.167 A    4  9  0   0   1   1    2   5  G  097 8570D7 0000
000.062.174 B    4  9  0   0   1   1    2   5  G  097 E32AD2 0000
000.062.407 A   10  9  1   1   0   0    2   5  G  7A7 7D443D 0000
000.062.414 B   10  9  1   1   0   0    2   5  G  7A7 1B1E38 0000
000.062.807 A   20  9  0   1   0   0    2   5  G  46B 3C923B 0000
000.062.814 B   20  9  0   1   0   0    2   5  G  46B 5AC83E 0000
000.063.207 A   30  9  0   1   0   0    2   5  G  3AC 4A6936 0000
000.063.214 B   30  9  0   1   0   0    2   5  G  3AC 2C3333 0000
000.064.187 A   60  9  0   1   0   0    4   5  G  563 2B90EF 0000
000.064.198 B   60  9  0   1   0   0    4   5  G  563 4585DA 0000
FlexRayパラメータ印字例
*=[LE-8200]======[2013-02-21 9:39:23]=*
*  PROTOCOL : FlexRay                 *
*  BUS SPEED: 10M                     *
*  WUS      : On                      *
*  MTS ChA  : Off                     *
*  MTS ChB  : Off                     *
*  Sub node : On                      *
*  WUS      : On                      *
*=====================================*

#### Cluster parameters

 gColdstartAttempts                : 4
 gdActionPointOffset               : 10
 gdCASRxLowMax                     : 76
 gdDynamicSlotIdlePhase            : 0
 gdMinislot                        : 20
 gdMinislotActionPointOffset       : 10
 gdStaticSlot                      : 40
 gdSymbolWindow                    : 100
 gdTSSTransmitter                  : 6
 gdWakeupSymbolRxIdle              : 59
 gdWakeupSymbolRxLow               : 54
 gdWakeupSymbolRxWindow            : 301
 gdWakeupSymbolTxIdle              : 180
 gdWakeupSymbolTxLow               : 60
 gListenNoise                      : 2
 gMacroPerCycle                    : 3000
 gMaxWithoutClockCorrectionFatal   : 15
 gMaxWithoutClockCorrectionPassive : 15
 gNumberOfMinislots                : 24
 gNumberOfStaticSlots              : 48
 gOffsetCorrectionStart            : 2600
 gPayloadLengthStatic              : 2
 gSyncNodeMax                      : 15

#### Main node parameters

 pAllowHaltDueToClock    : False
 pAllowPassiveToActive   : 0
 pClusterDriftDamping    : 4
 pdAcceptedStartupRange  : 1875
 pDecodingCorrection     : 36
 pDelayCompensationChA   : 0
 pDelayCompensationChB   : 0
 pdListenTimeout         : 240722
 pdMaxDrift              : 361
 pExternOffsetCorrection : 0
 pExternRateCorrection   : 0
 pKeySlotId              : 4
 pKeySlotUsedForStartup  : True
 pKeySlotUsedForSync     : True
 pLatestTx               : 23
 pMacroInitialOffsetChA  : 11
 pMacroInitialOffsetChB  : 11
 pMicroInitialOffsetChA  : 4
 PMicroInitialOffsetChB  : 4
 pMicroPerCycle          : 120000
 pMirocPerMacroNom       : 40
 pOffsetCorrectionOut    : 1122
 pPayloadLengthDynMax    : 4
 pRateCorrectionOut      : 722
 pSingleSlotEnabled      : False
 pWakeupChannel          : Ch-A
 pWakeupPattern          : 4

#### Sub node parameters

 pKeySlotId              : 2

#### Auto send table

 ** No. 0 **
  Frame ID      : 10
  Channel       : Both
  Preamble      : 1
  Payload       : 0102 0304

 ** No. 1 **
  Frame ID      : 20
  Channel       : Both
  Preamble      : 0
  Sweep
   Endian       : Big
   Size         : 16 bit
   Position     : 0
   Initial      : +0
   Time1        : 1000
   Value1       : +1000
   Time2        : 2000
   Value2       : +3000
   Time3        : 6000
   Value3       : +0
  Payload       : 0000 0000

 ** No. 2 **
  Frame ID      : 30
  Channel       : Both
  Preamble      : 0
  Pattern       : 0

#### Event send table

 ** No. 0 **
  Frame ID      : 50
  Channel       : Both
  Preamble      : 0
  One shot send : On
  Payload (0)   : 0050 0000 0000 0000
  Payload (1)   : 0050 0001 0000 0000
  Payload (2)   : 0050 0002 0000 0000
  Payload (3)   : 0050 0003 0000 0000
  Payload (4)   : 0050 0004 0000 0000
  Payload (5)   : 0050 0005 0000 0000
  Payload (6)   : 0050 0006 0000 0000
  Payload (7)   : 0050 0007 0000 0000
  Payload (8)   : 0050 0008 0000 0000
  Payload (9)   : 0050 0009 0000 0000
  Payload (A)   : 0050 000A 0000 0000
  Payload (B)   : 0050 000B 0000 0000
  Payload (C)   : 0050 000C 0000 0000
  Payload (D)   : 0050 000D 0000 0000
  Payload (E)   : 0050 000E 0000 0000
  Payload (F)   : 0050 000F 0000 0000

 ** No. 1 **
  Frame ID      : 60
  Channel       : Both
  Preamble      : 0
  Cycle interval: 2
  Cycle base    : 1
  Payload (0)   : 0060 0000 0000 0000
  Payload (1)   : 0060 0001 0000 0000
  Payload (2)   : 0060 0002 0000 0000
  Payload (3)   : 0060 0003 0000 0000
  Payload (4)   : 0060 0004 0000 0000
  Payload (5)   : 0060 0005 0000 0000
  Payload (6)   : 0060 0006 0000 0000
  Payload (7)   : 0060 0007 0000 0000
  Payload (8)   : 0060 0008 0000 0000
  Payload (9)   : 0060 0009 0000 0000
  Payload (A)   : 0060 000A 0000 0000
  Payload (B)   : 0060 000B 0000 0000
  Payload (C)   : 0060 000C 0000 0000
  Payload (D)   : 0060 000D 0000 0000
  Payload (E)   : 0060 000E 0000 0000
  Payload (F)   : 0060 000F 0000 0000

#### Pattern data table

 ** No. 0 **
  Cycle  0 : 0030 0000
  Cycle  1 : 0030 0001
  Cycle  2 : 0030 0002
  Cycle  3 : 0030 0003
  Cycle  4 : 0030 0004
  Cycle  5 : 0030 0005
  Cycle  6 : 0030 0006
  Cycle  7 : 0030 0007
  Cycle  8 : 0030 0008
  Cycle  9 : 0030 0009
  Cycle 10 : 0030 000A
  Cycle 11 : 0030 000B
  Cycle 12 : 0030 000C
  Cycle 13 : 0030 000D
  Cycle 14 : 0030 000E
  Cycle 15 : 0030 000F
  Cycle 16 : 0030 0010
  Cycle 17 : 0030 0011
  Cycle 18 : 0030 0012
  Cycle 19 : 0030 0013
  Cycle 20 : 0030 0014
  Cycle 21 : 0030 0015
  Cycle 22 : 0030 0016
  Cycle 23 : 0030 0017
  Cycle 24 : 0030 0018
  Cycle 25 : 0030 0019
  Cycle 26 : 0030 001A
  Cycle 27 : 0030 001B
  Cycle 28 : 0030 001C
  Cycle 29 : 0030 001D
  Cycle 30 : 0030 001E
  Cycle 31 : 0030 001F
  Cycle 32 : 0030 0020
  Cycle 33 : 0030 0021
  Cycle 34 : 0030 0022
  Cycle 35 : 0030 0023
  Cycle 36 : 0030 0024
  Cycle 37 : 0030 0025
  Cycle 38 : 0030 0026
  Cycle 39 : 0030 0027
  Cycle 40 : 0030 0028
  Cycle 41 : 0030 0029
  Cycle 42 : 0030 002A
  Cycle 43 : 0030 002B
  Cycle 44 : 0030 002C
  Cycle 45 : 0030 002D
  Cycle 46 : 0030 002E
  Cycle 47 : 0030 002F
  Cycle 48 : 0030 0030
  Cycle 49 : 0030 0031
  Cycle 50 : 0030 0032
  Cycle 51 : 0030 0033
  Cycle 52 : 0030 0034
  Cycle 53 : 0030 0035
  Cycle 54 : 0030 0036
  Cycle 55 : 0030 0037
  Cycle 56 : 0030 0038
  Cycle 57 : 0030 0039
  Cycle 58 : 0030 003A
  Cycle 59 : 0030 003B
  Cycle 60 : 0030 003C
  Cycle 61 : 0030 003D
  Cycle 62 : 0030 003E
  Cycle 63 : 0030 003F
    

技術サポート

OP-SB88のサポートを受けていただくためには、有償のサポート制度に申し込みしていただく必要があります。
サポート制度に登録していただいたお客様には、

  1. OP-SB88の使用方法や機能について、FAX、Eメールでの問合せが可能
  2. OP-SB88のファームウェアのバージョンアップがあった場合にアップデート可能

サポート制度の期間について

申込書ダウンロード

主な仕様

計測インターフェース FlexRay V2.1A
トランシーバ TJA1080 / RS-485(SN65HVD3088E相当)をアナライザー本体から選択
計測チャンネル A/Bの2チャンネル
通信速度 10Mbps、5Mbps、2.5Mbps  A/Bチャネル共通
モニター機能 FlexRayデータをフレーム単位で記録、各種モードで表示可能
測定対象:ヘッダ/ペイロード(0〜254バイト)/トレーラセグメント、CASシンボル
エラーチェック ヘッダCRCエラー/フレームCRCエラー  CRCの値を表示可能
タイムスタンプ 9桁、単位1mS/100μS/10μS/1μSでフレーム受信時に記録
測定開始からのフレーム受信時間/フレーム受信間隔時間を表示
記録容量 最大100Mバイト(アナライザー本体のキャプチャーメモリーに記録)
2分割利用可能、固定長バッファまたはリングバッファとして利用可能
オートセーブ機能 測定データを外部メモリーに通信ログファイルとして自動保存可能※1
表示形式 フレーム表示、ペイロード表示、外部信号電圧表示
フィルタ機能 条件に一致する特定フレームのみを記録・表示
フィルタ条件:チャンネル、インジケータの各ビット、特定ID、指定サイクルカウンタ
トリガー機能 条件に一致した時に測定を自動停止(メモリー停止位置 前/中央/後を指定可)
データ6組:指定チャンネル、インジケータ、ID、サイクルカウンタのフレーム中の指定ペイロードデータ(最大16データ、ドントケア、ビットマスク指定可)
エラー1組:ヘッダCRCエラー/フレームCRCエラー
外部 1組:外部トリガー入力信号の立ち下がり
シミュレーション機能 事前に登録したデータまたはプリセットデータをテスト送信可能
スタートアップフレーム/同期フレームを送信可能(2ノード分を指定可)
プリアンブルインジケータ指定可能、ウェイクアップシンボルWUSを送信可能
送信ペイロード データ長:0〜254バイト指定可  最大784種類まで事前登録可※2
連続送信 チャンネル、ID、サイクルカウンタ、ペイロード(データの一部を指定条件で自動的にスイープ可)、またはチャンネル、ID、パターン(コミュニケーションサイクル毎にペイロードを指定した最大8パターンから選択)を登録した最大16組のデータを連続送信可能
イベント送信 チャンネル、ID、サイクルカウンタを指定した最大16種類のフレームそれぞれに最大16種類ペイロードデータを登録し、キー操作により自由に切り換えて送信可能(連続/ワンショットを指定可)
外部信号入力 外部信号4点(入力最大定格±25V)の論理と電圧値(測定範囲:±15V)をフレーム受信タイミングで測定し、データと共に記録、LCD/LEDにリアルタイム表示可能
外部トリガー入出力 外部トリガー入力1点 外部トリガー出力1点 TTLレベル
構成品 専用拡張ボード, ファームウェアCD ,ラインステート表示シートB,
DB9モニターケーブル 2本, 3線プローブケーブル 2本, 8線プローブケーブル
※1 :測定対象回線のスループットが高い時は外部メモリーへの記録洩れが発生することがあります。
※2 :テスト実行時に有効データとして利用できるのは、合計6144バイトです。