PRODUCT / 商品情報

OP-SB87FD

CAN FD/CXPI通信用拡張セット
OP-SB87FD

標準価格: \84,000 (税抜)
通信アナライザーにセットして利用します。
適合機種: LE-8200A/LE-8200

概要

利用イメージ
概要

OP-SB87FDの信号表示シート

OP-SB87FDは、通信アナライザーLE-8200A/LE-8200に装着して使用する、CAN(ISO 11898-1)、CAN FD(ISO11898-1:2015)およびCXPI(JASO D015)通信を測定するためのインターフェース拡張セットです。本拡張セットのCAN/CAN FD/CXPI計測ボード、信号表示シートと専用ファームウェアをLE-8200/LE-8200Aにセットすることで車載通信規格CAN、CAN FD、CXPIのフィールドテストに最適なスタンドアロン型アナライザーになります。高速通信が可能なバスとして車載以外の様々な分野で採用されたCAN通信、より高速で、より大量のデータを通信できる次世代の車載通信として期待されるCAN FD通信、ネットワーク化が困難であった直接配線(ジカ配線)の代替えとして開発された国産規格CXPI通信の開発を強力にサポートできるアナライザーです。
計測チャンネルは2ポートを指定でき、CAN FD/CANまたはCXPIのインターフェースを個別に選択できます。モニター時は2チャンネルが 同時に使用でき、CAN、CAN FD、CXPIのいずれか2つを計測メモリーにデータを取込みながらリアルタイムにLCDモニターに表示します。シミュレーション時は1チャンネルを出力ポートとして使用でき、開発初期段階で通信相手に代わりテストデータを送受信することができます。
モニター時及びシミュレーション時にIDフィルタ機能やトリガー機能などで特定の通信を確実につかむことができ、システム開発や評価の効率をアップできます。また、4ラインの外部信号をデジタル信号またはアナログ信号として通信データ計測中に同時測定できますので、モータなどのアクチュエータやセンサーと通信データ(コマンドやレスポンス)の関係の把握が非常にやりやすくなります。

CAN/CAN FD/CXPI計測ボード

CAN/CAN FDインターフェース Dsub9ピン(オス)

ピン番号信号名称意味
1  
2CAN_LowCANバス信号(Low)
3SGシグナルグランド
4  
5FGフレームグランド
6  
7CAN_HighCANバス信号(High)
8  
9IN汎用入力(最大24V)

*CANバス終端抵抗はインターフェース拡張基板の
ジャンパーピンで接続可能

CXPIインターフェース

ピン番号信号名称意味
1Vbat電源(9V-18V)
2CXPI _BUSCXPIバス信号
3SGシグナルグランド

 

使用方法

接続

CAN及びCAN FD測定時は付属のDsub9ピンモニターケーブルを接続します。

LE-009M2 <CAN/CAN FD測定時の接続>
CAN/CAN FD測定時の接続

CXPI測定時は付属の3線クリップを利用してバスに接続します。

LE-3LP2 <CXPI測定時の接続>
CXPI測定時の接続

 

モニター機能

CAN /CAN FD/CXPI同時モニター

通信速度125kbps〜1MbpsのCAN/CAN FD通信(高速時1Mbps〜5Mbps)および5kbps〜20kbpsのCXPI通信をオンラインモニターできます。
CAN(ISO11898準拠)、CAN FD(ISO11898-1:2015準拠及びBosh original protocol)、CXPI(JASO D015準拠)のいずれにも対応でき、測定ポート(Ch-1、Ch-2の2チャンネル)をそれぞれ個別にCAN、CAN FD、CXPI通信に切替えることができます。
モニター表示画面ではタイムスタンプ(最小分解能 1us)、フレームのID、フレームのタイプ、データ長、CRCチェックの結果と値、データフィールドを表示します。CAN FDの場合は、BRSビット、ESIビットの値、CAN FD(ISO)ではスタッフビットカウンタフィールドの情報も併せて表示されます。


CXPIのモニター画面ではPTYPE、PID、フレームタイプ、Wakeup.indビット、Sleep.indビット、CT値、データ長及びCRCチェックの結果と値、レスポンスのデータを併せて表示します。

フレームタイプの表記

DATCANの標準データフレーム/拡張データフレーム
REMCANの標準リモートフレーム/拡張リモートフレーム
FDATCAN FDの標準データフレーム/拡張データフレーム
ERRCAN/CAN FDのエラーフレーム
TFRMCXPIのイベントトリガ方式の通常フレーム
BTFRMCXPIのイベントトリガ方式のバーストフレーム
PFRMCXPIのポーリング方式の通常フレーム
BPFRMCXPIのポーリング方式のバーストフレーム
WUPCXPIのWAKEUPパルス

 

アナログ測定モード

オンラインモードでは、CAN/CAN FD/CXPIデータをモニターしたタイミングで、外部4信号の電圧が測定されます。アナログ測定モードは、アナログデータロガーのように外部4信号の電圧を指定のサンプリング周期(1ms〜10min)で測定することができます。測定結果は外部メモリーにテキスト形式で保存できます。


トリガー機能

ある条件と条件成立後の計測動作を8組まで指定して計測が可能。特定データフレームの受信したときに計測を自動停止したり、あるトリガー条件の成立で別のトリガー条件を有効にするシーケンシャルトリガーとして利用したりでき、間欠的な障害解析に威力を発揮します。

要因(FACTOR)
項目 内容
Error 通信のエラーをトリガー要因とします
ACK:CAN/CAN FDのACKエラー
Parity:CXPIのパリティエラー
CRC:CRCエラー
Framing:CXPIのフレーミングエラー
Data 特定のデータフレームの受信をトリガー要因とします
受信チャンネル(Target)、ID、データ、データオフセットを設定できます
(ドントケア、ビットマスクの設定も可能です)
Remote CANの特定のリモートフレームをトリガー要因とします
受信チャンネル、IDを設定できます
Time/Count タイマーまたはカウンタが設定値と一致した場合をトリガー要因とします
TRG IN TRG INの入力状態をトリガー要因とします
External 外部信号(IN1-4)の論理状態をトリガー要因とします
0、1、ドントケアを設定します
動作(ACTION)
項目 内容
Buzzer ブザーを鳴らします。
Stop 測定を停止します
Quick:直ぐに停止
Before:トリガー点から少しデータ取り込んでから停止
Center:トリガー点の前後が同じデータ量になるように取り込んでから停止
After:トリガー点以後のデータが多くなるように取り込んでから停止
Save トリガー点の前後(Offsetで指定)のデータをメモリーカードに保存します
Timer タイマーを制御します
Start:タイマーをスタートします
Stop:タイマーを停止します
Restart:タイマーをクリアし再スタートします
Counter カウンタを制御します
Increment:カウンタを+1します
Clear:カウンタを「0」にします
Trigger switch 他のトリガー状態を制御します
Dissable:トリガーの監視を無効にします
Enable:トリガーの監視を有効にします
Change:トリガーの監視状態を変更します Dissable<=>Enable
Send CANデータテーブルに設定されているデータの送信制御を行います
制御する送信データテーブル、制御内容(送信/停止)、制御開始するまでの
時間(Response)を設定します
TRG OUT 外部トリガー端子(TRG OUT)にLowパルス(1ms)を出力します。

 

シミュレーション機能

デジタルオシロスコープのデコードソフトでモニター表示は可能ですが、実際にCAN FDやCXPIの出力をすることができないために、開発の初期段階で困ることがよくあります。OP-SB87Dでは、CAN FDのデータフレームやCANのリモートフレーム(標準フォーマット、拡張フォーマット対応)を任意に16種類登録でき、それをワンタッチで送信することができます。この機能を利用することで、開発する機器の通信相手として効率よくテストが実施できます。また、フレーム内の一部データをスイープデータとして指定でき、スイープデータを初期値から第3目標値まで指定時間で順次変化させながら送信することができます。この機能は、CANやCAN FDの機器が通信データの変化に対して、どのように動作するかを確認するときに大変役立ちます。
CXPIの場合は、マスター/スレーブモード及びイベントトリガ方式、ポーリング方式の選択が可能です。CXPIではスケジュール機能をOnに設定することで、順次PIDを送信するテストなどが可能となっています。CXPIでもフレーム内の一部データをスイープすることが可能です。

 

ロジアナ解析をサポート

最高100MHzのサンプリングが可能なロジアナ機能は、CANやCAN FDの通信信号と外部信号との微妙なタイミング解析が可能です。実際のCAN FD通信のBRSビットやESIビット、通信速度の変化したデータフィールドなどが観測できます。通信波形のフレーム状態や構成が直感的に確認できるので、ハード的な問題点の究明やコントローラに対する設定ミスの検出だけでなく、データ通信関係の教育用途にも最適です。

 

データの利用

検索機能

計測データの中から、特定データを含む通信フレームや指定範囲のタイムスタンプと共に記録されたフレームなどを効率的に検索したり、その条件一致するデータを数えたりすることが可能です。

印字機能

計測データやテーブルデータを印字可能です。

測定結果印字
*=[LE-8200A]=====[2018-02-11 3:21:16]=*
* Model     : LE-8200A                *
* Version   : 1.00                    *
* Extension : OP-SB87FD               *
* Serial No.: 99999999                *
* Start time: 2018-02-11 03:20:44     *
* Stop time : 2018-02-11 03:20:46     *
*-------------------------------------*
*  CH1 PROTOCOL: CAN FD(ISO)          *
*      BAUDRATE:250k                  *
*      BAUDRATE(DATA):2M              *
*  CH2 PROTOCOL: CAN FD(ISO)          *
*      BAUDRATE:250k                  *
*      BAUDRATE(DATA):2M              *
*=====================================*

----TM------CH------ID--TYPE--DLC-ST-INFO--CRC-----I1234-TRG
-----------------------------DATA---------------------------
20:45:608    1      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001 [T]
000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000                
20:45:608    2      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001    
000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000                
20:45:609    1      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001 [T]
000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000                
20:45:609    2      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001    
000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000                
20:45:610    1      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001 [T]
000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000                
20:45:610    2      099 FDDAT  64 G  01-A  053492   0001    

CANテーブル印字
*=[LE-8200A]=====[2018-02-11 3:19:21]=*
* CAN DATA TABLE                      *
*=====================================*

--TYPE---------ID---DLC--REPEAT-INTERV-BSR-ENDIAN-SIZE-POS--INIT--TIME1-VALUE1--TIME2-VALUE2--TIME3-VALUE3
0:DATA          555          1    100  ON 
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA

1:DATA          000          1    100  OFF LITTLE   8   0      0      0      0      0      0      0      0
                                                                
2:DATA          000          1    100  OFF
                                                                
3:EXDATA   00000000      99999  99999  OFF LITTLE  16   63  65535 999999 -32768 999999  65535 999999 -32768
8888888888888888111111111111111188                              

4:DATA          000          1    100  OFF
                                                                
5:DATA          000          1    100  ON 
                                                                
6:DATA          077          1    100  OFF
0000000000000000000000000000000000000000000000030000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
     

CXPIテーブル印字
*=[LE-8200A]======[2018-02-11 3:21:37]=*
* CXPI DATA TABLE                      *
*=====================================*

--ENABLE-TYPE----ID-WAKE-SLEEP-CT-CTINC-ENDIAN-SIZE-POS--INIT--TIME1-VALUE1--TIME2-VALUE2--TIME3-VALUE3
0:  *    NORMAL  55    1     0  0  OFF  LITTLE   8   0  65535 999999      0      0      0      0      0
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55  

1:       NORMAL  7F    1     0  0  OFF 
FF00F000                                                        

2:       BURST   55    1     0  0  OFF 
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA
55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55AA55  

3:       BURST   7F    1     0  0  OFF 
55                                                              

4:       BURST   01    1     0  0  OFF 
                                                                
5:       NORMAL  01    1     0  0  OFF 
                                                                
6:       NORMAL  01    1     0  0  OFF 
  
     

主な仕様

計測インターフェース CAN FD/CAN: ISO11898-1:2015準拠/ISO11898準拠(Dsub9ピンコネクタ x2)
CXPI:JASO D 015-3:2015準拠(ヘッダ3ピンコネクタ x2)
トランシーバ CAN/CAN FD: MCP2542FD (Microchip)相当
CXPI:BD41000AFJ (Rohm)相当
計測チャンネル数 CAN、CAN FD、CXPIの組み合わせで2チャンネル
プロトコル CAN-FD(ISO/Non-ISO)、CAN2.0B、DeviceNet、CXPI
通信速度 CAN FD:最大1Mbps(高速時5Mbps) CAN:最大1Mbps CXPI:最大20Kbps
モニター機能 チャンネル毎にID/PIDフィルタ可能
タイムスタンプ(分解能:1s、1ms、100μs、10μs、1μs)記録可能
CAN FD/CAN:標準/拡張フォーマット対応
CXPI:通常フレーム/バーストフレーム対応
シミュレーション機能 事前登録データをキー操作で選択して送信可能
CAN FD/CAN:トリガー機能で特定のフレーム受信に応答可能
CXPI:マスター/スレーブモードにてスケジュール送信可能
トリガー機能 条件: 指定の通信データ(最大8文字)、指定リモートフレーム、エラー、
タイマーカウンタ値、外部トリガー入力
動作: 測定停止、メモリーカードへの保存、タイマ制御、カウンタ制御、
指定データ送信、ブザー、トリガー条件の有効/無効化
外部信号入力 4チャンネルの外部入力信号状態をLEDでリアルタイム表示可能
デジタル値/アナログ値としてデータと共に記録
信号電圧を連続測定可能(測定レンジ:±15V)
構成品 専用拡張ボード, ラインステート表示シート, DB9モニターケーブル 2本,
3線プローブケーブル 2本, 外部入出力ケーブル, 取扱説明書, 保証書
オプション
名称 型番 備考
DSUB9ピン
分岐ケーブル
LE-009M2 DSUB9ピン仕様の分岐ケーブルです。※付属品と同等
3線プローブケーブル LE-3LP CXPIモニターに利用します。※付属品と同等
OBD2-DSUB9ケーブル OBD2-DB9-09 自動車のOBD2コネクタに接続してCAN通信を計測するための専用ケーブルです。