PRODUCT / 商品情報
カレントループ通信用拡張セット
(LE-3500R/2500R/1500R用)

OP-SB1C

詳細
スペック

外来ノイズに強い通信方式として現在でもFA用途で利用されているカレントループ通信の計測に対応する拡張セットです。最大60mAまでのカレントループ通信データのモニター、受動型(パッシブ)と能動型(アクティブ)(20mA/40mA)を選択可能なカレントループ通信データの送信出力が可能です。

[ カレントループ機器との接続例 ]

ディップスイッチ設定と接続図

スイッチ番号 OFF ON
1 SD側 受動動作 能動動作
2 20mA供給 40mA供給
3 RD側 受動動作 能動動作
4 20mA供給 40mA供給

スイッチ1、3はモニター時はOFF にして下さい。
スイッチ2、4はカレントループ電流値は能動動作をさせた場合のみ有効です。

[ モニター時の接続 ]
アダプタのディップスイッチの1 番と3 番をOFF にします。

[ シミュレーション時の接続(能動型動作) ]
アダプタのディップスイッチの1 番と3 番のスイッチをON にして能動型動作(Active) に設定します。

[ シミュレーション時の接続(受動型動作) ]
アダプタのディップスイッチの1 番(SD 側) と3 番(RD 側) のスイッチをOFF にして受動型動作(Passive) に設定します。