PRODUCT / 商品情報

■ CAN/LIN用PCリンクソフト LE-PC7GX ■

[適合モデル] LE-3500R / LE-2500R / LE-3500/LE-2500/LE-7200/LE-3200/LE-2200
但し、CAN、LIN用拡張セット(OP-SB7GX/OP-SB7FX/OP-SB7F)を装着した状態
LE-3500R / LE-2500Rへの対応はVersion 2.00以降 詳細
対応OS : 日本語版および英語版Windows® 7/8/8.1/10
標準価格: \28,000 (税抜)

概要

LE-PC7GXは、CAN / LIN通信拡張セットを装着したアナライザーをパソコンからリモートコントロールして、アナライザーで計測中のCAN / LIN通信データをパソコンに取り込み解析できるWindows®版のパソコンソフトです。プロトコルアナライザーLE-3500R / LE-2500R / LE-3500/LE-2500/LE-7200/LE-3200/LE-2200に対応しています。( LE-3500R / LE-2500Rへの対応はVersion 2.00以降 詳細)
【 特徴 】
特徴■ USB接続やWi-Fi接続をサポート
■ 簡単な操作のキーエミュレーション
■ 大容量連続記録が可能なリモートモニター機能
■ 特定フレーム内のデータを見やすく表示する収集固定表示
■ 充実のデータ解析機能を搭載

USB接続やWi-Fi接続をサポート

USB接続、AUX接続、LAN⇔シリアル変換器を経由した有線LAN接続に加え、Version 2.00以降はWi-Fi対応のLE-3500R/LE-2500Rと無線LAN接続ができるようになりました。
   リアルタイムデータ転送の他、外部メモリーを使ってパソコンにコピーしたデータを開くことも可能です。

キーエミュレーション機能

使い慣れたアナライザーの表示と操作方法をパソコン上に再現。パソコンからアナライザーを直接操作するような感覚でリモートコントロールが可能です。

キーエミュレーション

リモートモニター機能

アナライザーが測定中のCAN / LIN通信データをアナライザーからリアルタイムに取得して、パソコンのハードディスクに指定容量分(最大16Gバイト:指定記録ファイルサイズ8Mバイト×2000個)まで連続記録できます。

特定フレーム内のデータを見やすく表示する収集固定表示

IDで指定した特定通信フレームを、表示画面の指定行にリアルタイムで上書き表示できるので、計測を止めることなく特定データの変化を確認できます。
収集固定表示設定
収集固定表示

データ解析機能

データだけでなくトリガー一致点やタイムスタンプも探せる検索機能や複数ファイルの一括処理が可能なテキスト/CSV変換機能などで大容量の計測データを効率的に解析できます。
データモニター画面
検索設定画面
テキスト変換設定画面

仕様

対象アナライザー 拡張セットOP-SB7GXを装着したLE-3500R、LE-2500R、LE-3500、LE-2500
拡張セットOP-SB7FまたはOP-SB7FXを装着した LE-7200、LE-3200、LE-2200
接続ポート USB、シリアル(RS-232C)、LAN (LAN-シリアル変換器 SI-60F等が必要)
接続台数 1台のアナライザーと接続しリモートコントロール可能
キーエミュレーション機能 PC上でアナライザーを直接操作する感覚で遠隔操作、表示画面のビットマップ形式保存
計測条件設定 アナライザーの計測条件(通信条件、トリガー、シミュレーションデータ)を設定編集可
リモートモニター機能※4 アナライザーの計測開始と停止操作、およびパソコンでの計測データの記録と表示
記録容量:容量1/2/4/8Mバイトのファイル単位で、最大2,000ファイルまで指定可
通常データ表示※3 タイムスタンプ(差分表示可)、CAN/LINフレーム表示(SynchBreak※1、SynchField※1、ID、TYPE、DLC、DATA0-7、Checksum※1、STATUS)、外部信号レベル※2、トリガー点
収集固定表示 指定ID(最大16種類)の通信フレームを、画面の指定行にリアルタイムで上書き表示
検索機能 検索条件と一致するデータを表示、または計数可能
検索条件 トリガーの一致点、エラー(BREAK、SYNC、PARITY、CHECKSUM、FRAMING)、指定ID(ドントケア指定可)、特定文字列(最大8文字、ドントケア、ビットマスク指定可)、指定タイムスタンプ(ドントケア指定可)、外部信号レベル
テキスト変換機能 指定の記録ファイルを一括してテキストまたはCSV形式のファイルに変換可能
メモリーカード対応 アナライザー側でメモリーカードにセーブした計測ファイルを読み込み可
動作環境 PC PC/AT互換機(DOS/V機)、HDD:3Mバイト+測定エリア以上の空き容量
OS 日本語版および英語版Windows® XP/Vista/7/8/8.1/10
商品構成 CD(ソフト)1枚、取扱説明書1部、お客様登録カード1枚
※1:LINフレームのみ表示。
※2:OP-SB7GX利用時はデジタル/アナログ表示、OP-SB7FX利用時はデジタル表示。
※3:リアルタイムに表示されません。
※4:リモートモニターで測定データを取り逃しなく記録できる測定対象の通信速度はP C とアナライザーの接続方法により異なります。以下を目安にしてご利用下さい。

弊社テスト環境で、CAN標準データフレーム(8バイト)を1msのインターバルで常に流しているフレームをモニターしたとき

USB接続 最大 1Mbps
シリアルポート直接
(115.2Kbps 接続時)
最大 17.86Kbps 実効通信速度の上限です。例えば、通信速度が1Mbpsの測定対象でも、インターバル10msでフレームを断続的に通信している場合は、測定データを 取り逃すことなく記録できます。
SI-60経由
(230.4Kbps 接続時)
最大 40Kbps