PRODUCT / 商品情報

PCリンクソフト LE-PC300R

標準価格: \38,000 (税抜)
対応OS : Windows® 7/8/8.1/10
適合機種: LE-3500R/LE-2500R
LE-3500/LE-2500/LE-1500
CAN/LIN用拡張セット
OP-SB7GXとの併用はできません。

概要

LE-PC300Rは、プロトコルアナライザーをパソコンからリモートコントロールして、アナライザーの測定データをパソコン上で活用できるWindows®版のパソコンソフトです。

【 特徴 】
■ LE-3500R/LE-2500RとWi-Fi接続が可能
■ 複数アナライザーを同時コントロール
■ 簡単な操作のキーエミュレーション
■ 通信ログを最大16Gバイト連続記録できるリモートモニター機能
■ 大画面で多彩な表示
■ テキスト形式/CSV形式一括変換
■ 日本語/英語自動切換え対応
■ 製品版には機能制限なし(LE-3500R/LE-2500R標準付属の「LE-PC300R(ライト)」には制限あり)

LE-3500R/LE-2500RとWi-Fi接続が可能

従来品LE-PC300GでサポートされていたUSB接続、AUX接続、LAN⇔シリアル変換器を経由した有線LAN接続に加え、Wi-Fi対応のアナライザーと無線LAN接続ができるようになりました。

Wi-Fi接続はアクセスポイント経由または直接接続が可能です。

Wi-Fi接続設定


パソコンから複数アナライザーを同時コントロール

複数のアナライザーを同時に接続して遠隔計測が可能です。またメモリーカードに保存された計測データの表示やデータ変換などにも対応しています。

【リアルタイムデータ転送の他、外部メモリーを使ったコピーも可能】

 

 

※1 SI-60はLE-PC300RがサポートするLAN-シリアル変換器です。LE-PC300Rのリモート設定画面でSI-60のIPアドレスを指定して対象アナライザーを識別します。
※2 オプションのDSUB25ピン用AUXケーブル(LE2-8C)。SI-60のDTE-DCEスイッチはDTE側にします。
< 複数接続時の画面例 >

キーエミュレーション機能

使い慣れたアナライザーの表示と操作方法をパソコン上に再現。パソコンからアナライザーを直接操作するような感覚でリモートコントロールが可能です。

リモートモニター機能

測定中のアナライザーから計測ログデータを取得し、パソコンのハードディスクやSSDなどの補助記録装置にそのデータを記録しながらパソコンの大画面に表示。計測ログ容量は、用途や補助記録装置の空き容量に応じて、ブロックサイズでログファイル1つの容量、最大ブロック数で記録するログファイルの最大数を指定可能。指定容量まで記録して自動停止したい場合は固定バッファモード、指定容量分の最新ログデータを残してエンドレスに長時間記録したい場合はリングバッファモードを利用できます。



計測器の設定と完全同期

PCリンクソフト上で設定した通信条件や記録表示設定などは、リモート接続中のアナライザー本体の設定と完全に同期させることができます。

通信条件設定
記録表示設定
シミュレーション設定

大画面で多彩な表示

生データ表示、プロトコル翻訳表示、ロジアナ波形表示を切り替えて表示できます。

生データ表示
HDLC翻訳表示モード
ロジアナ表示モード
BERT測定モード


BERT結果のCSV変換例


記録データをテキスト形式またはCSV形式に一括変換

リモートモニター機能で記録したデータやアナライザーでメモリーカードに記録したデータを複数ファイル一括でテキスト・CSV変換可能です。
アナライザーのメモリーカード内データもテキスト・CSV変換
Text変換
テキスト変換設定画面

日本語/英語自動切換え対応

日本語Windows®上では日本語表示、英語版Windows®上では英語表示に自動的に切り替わりますので、海外の開発拠点にも安心して導入いただけます。

日本語
英語

仕様

適合機種 LE-3500R, LE-2500R, LE-3500, LE-2500, LE-1500     ※1
アナライザー接続方式 シリアル接続、USB(フルスピード転送)、LAN接続(別売りSI-60が必要)、Wi-Fi接続
アナライザー接続台数 複数のアナライザーと接続して同時にコントロール可(最大接続数はパソコン性能に依存)
キーエミュレーション機能 パソコン上にアナライザーの画面を表示、アナライザーを操作する感覚でコントロール
計測条件設定 パソコン上の専用画面でアナライザーの計測条件(通信条件、トリガー、シミュレーションデータ)を入力編集可
リモートモニター機能 アナライザーの計測開始と中止の操作、およびパソコンでの計測データの表示と連続記録※2
記録モード 固定バッファモード(指定容量まで記録して計測終了)または、
リングバッファモード(指定容量分の最新データを残しエンドレス記録)を選択可
記録容量 最大256Gバイト 1M/2M/4M/8M/16M/32M/64M/128Mバイト※3サイズのデータファイル単位で、最大2048ファイルまで指定可
表示モード 生データ表示、プロトコル翻訳表示、ロジアナ波形表示を切り替え表示可
生データ表示 通信データと共にアイドルタイム、タイムスタンプ、ラインステータスを表示
文字コード(10種)と文字サイズ(小・中・大)を切り替え可
プロトコル翻訳表示 SDLC、X.25、LAPDプロトコルを翻訳表示 (対象プロトコルは順次拡大予定)
ロジアナ波形表示 波形表示の拡大と縮小、カーソル間の時間測定、信号並べ替え
表示エリア 表示窓サイズ(任意)を変更可
文字コード ASCII、EBCDIC、JIS7、JIS8、Baudot、Transcode、IPARS、EBCD、EBCDIK、HEX、16進(エラーコードを含め16進表示)
検索機能 検索条件と一致するデータを頭出し表示または計数
検索条件 指定文字列(最大8文字、ドントケア,ビットマスク指定可),指定以上のアイドルタイム,指定のタイムスタンプ(ドントケア設定可),エラー(パリティ,フレミング,BCC,ブレーク/アボート,ショートフレーム個別指定可),トリガー一致データ
テキスト・CSV変換機能 指定数の記録ファイルを一括してテキスト形式またはCSV形式のファイルに変換可
ビットマップ変換機能 キーエミュレーションで表示しているアナライザーの表示をビットマップファイルで保存可
メモリーカード対応 アナライザー側でメモリーカードにセーブした計測ファイルを読み込み利用可
動作環境 パソコン PC/AT互換機(DOS/V機) CPU : Pentium3 1GHz以上および
RAM : 256Mバイト以上を推奨
HDD : 5Mバイト+測定データ記録エリアの空き
容量が必要
OS Windows® 7/8/8.1/10
構成品 CD(ソフト)1枚、取扱説明書1部、お客様登録カード1枚
※1:OP-SB7GXとの併用はできません。
※2:リモートモニターで測定データを取り逃しなく記録できる測定対象の通信速度はPCとアナライザーの接続方法により異なります。以下を目安にして、ご利用ください。
  フレーム間隔なし フレーム間隔1m秒
USB接続 670kbps 1.9Mbps
Wi-Fi接続 200kbps 460.8kbps
シリアル接続 20kbps 20kbps
※3:16M/32M/64M/128Mバイトのデータファイルサイズの指定は Ver 1.02から対応。