PRODUCT / 商品情報
アナログ信号のモニター/ロギング(5CH)
コンパクトロガー

LE-910R

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

アナログ信号(電圧・電流・温度)を高精度に測定、記録

5点のアナログ信号(電圧・電流※1・温度※2)を高精度に測定できるコンパクトなデータロガーです。測定値は本体のSDカードに記録するだけでなく、USBまたは無線LAN経由でパソコンに転送して表示・記録することも可能です。高精度アナログ処理回路を内蔵し、電圧レンジは24bit、電流レンジは23bitでの記録が可能です。アナログ値は指定の時間周期(0.5秒~60分)でタイムスンプ付きで記録され、CSVファイルとして保存されます。

※1:電流の測定には抵抗(250Ωまたは50Ω)の外付けが必要です。オプションで電流測定用抵抗 250Ωを用意しています。
※2:熱電対はお客様にご用意いただく必要があります。

<接続例>

<計測対象の接続イメージ>

リアルタイムに測定データをグラフ表示できるソフトウェアが標準付属します。制御コマンドを公開しているので独自の計測ソフト作成も容易です。また、本機でアナログ値の時系列変化を収録し、姉妹機のDCシグナルソース LE-930Rから再現出力することも可能です。

<付属ソフト メイン画面>

熱電対による温度測定

熱電対の熱起電力から温度の計測を行なうことも可能です。JIS規格の8種類の熱電対(K, J, T, E, N, R, S, B)に対応しています。機器や環境の温度変化を、電圧や電流の変化と合わせてロギングすることも可能です。

<熱電対の設定>

複数台接続による同期測定に対応

本機を同期モードにして外部トリガー端子で複数台を連結すれば(最大4台)、1台がマスターとなって他のユニット(スレーブ)の測定開始/停止とサンプリングタイミングの制御を行うことができます。これにより、サンプリングタイミングが同期された最大20点のアナログ値を記録することができます。また、外部トリガー端子は別の機器の外部信号の立ち上がり/立ち下がりでアナログ値を記録する時にも使用できます。

<複数台の同期測定>

パソコンと無線LAN接続でリモート計測

USB接続だけではなく、Wi-Fi接続によるPC接続に対応。Wi-Fiアクセスポイント経由で接続するステーションモードと、計測器がアクセスポイントとなって接続するアクセスポイントモードが選択できます。無線電波条件が悪い場合のデータ欠落に備えて、Wi-FiによるPCへのデータ転送とSDカードへのデータ記録を両方行なうこともできます。

電波法規が異なる海外向けに、Wi-Fi機能を省略した「LE-910A」も用意しています。(受注生産)

活用しやすいタイムスタンプ付きのログデータ

5点のアナログ値(AI1~5)の測定データは、電圧・電流は有効数字6桁で、熱電対の温度は0.1℃単位で記録されます。測定データは1/100秒単位のタイムスタンプと共に記録され、CSV形式で保存されるため、表計算ソフトなどでの活用も容易です。

ログデータはシグナルソース LE-930Rから再現出力可能

本機 LE-910Rでロギングしたアナログ値の時系列変化データは、姉妹機のDCシグナルソース LE-930Rから再現出力することが可能です。データはSDカードに保存してLE-930Rから出力します。LE-910RとLE-930Rを持っていれば、SDカードを挿しかえるだけで、実際に発生したパターンをリアルに再現したシミュレーションが可能です。

<DCシグナルソース LE-930R>

コンパクトかつ堅牢な設計で現場への設置にも最適

手のひらサイズの本体は、-10~+50℃で利用可能。USBバスパワー動作だけでなく、別売ACアダプタなど外部DC電源でも動作可能です。SDカードスロットとUSBコネクタには防塵カバーを装備。オプションで35mmDINレールへの取り付けにも対応し、対象設備への固定や検査ラインへの組み込みも簡単です。計測対象との接続部分は、結線しやすい着脱式端子台を採用しています。
また、スーパーキャパシタを効果的に利用した瞬停時バックアップ制御により、SDカードへの記録中に停電になってもSDカードの破損を防ぎ、貴重なログファイルを守ります。

:40秒程度以上電源に接続され、スーパーキャパシタが充電されている必要があります。

<防塵キャップを装備>

<DINレール取付例>