PRODUCT / 商品情報
リレー接点出力:2点
ドライ接点入力:2点
LAN⇔RS-422/485変換

LA-485R-P

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード


多機能パワーメーター(電力計)から電力データをRS-485で取り込み、電力超過の接点信号も取り込む

<入出力構成>

端子 記号 入出力構成
1 DO1 リレー出力1
2
3 DO2 リレー出力2
4
5 DI1 ドライ接点入力1
6 グランド
7 DI2 ドライ接点入力2
8 グランド
RS-422/485
5極端子台
SD +
SD -
SD/RD +
SD/RD -
GND
<入出力部の内部回路構成>
<接続例>
<ブロック図>

■超小型・低価格で分散配置に最適

小規模な制御用途に特化したことで、LANインターフェースを内蔵しながら、手のひらサイズの小型化と低価格を実現。
制御対象が工場内に分散していて1カ所当たりの必要点数が多くない遠隔制御用途に最適です。

■複数箇所への設置、試運転や保守作業に配慮

入出力の状態をケース表面のLEDで確認できますので、導入試運転の動作チェックが簡単に行えます。

また、制御対象機器との結線を外さずに本体ユニットを交換できる着脱式端子台を採用していますので、メンテナンス作業時間を大幅に短縮することができます。

複数箇所に同一型番のLA-232/485を設置するときに便利な設定ツール SILANIOinit が用意されています。
本機内のxPicoを出荷時の状態に戻す時にも利用できます。

[ SILANIOinitの機能 ]
  • ネットワーク上のLA-232/485の検索とそのMACアドレスの表示
  • LA-232/485の設定(セットアップレコード)の読み込み保存
  • 選択したLA-232/485へ保存されているセットアップレコードの書き込み
  • 選択したLA-232/485へのIPアドレスの設定

<設定ツール SILANIOinit>

■2系統入力の電源仕様

現場の電源状況に応じて、ピンヘッダ型コネクタまたはACアダプタ用ジャックのどちらからでもDC6~30Vを給電できます。
また、隣接した2台のユニット間を電源分岐ケーブル(LAH-2XH)で接続すれば、1個のACアダプタで2台のユニットに給電でき、ACアダプタの設置スペースとコストを削減できます。

■FA対応の堅牢設計

ノイズに強く堅牢な金属筐体、LAN ⇔ RS-422/485間の信号絶縁、-20~60℃の広い動作温度範囲により、過酷なFA現場環境でも安心して導入いただけます。

    併用される電源装置(ACアダプタやスイッチング電源など)も使用温度に合せて選定して下さい。

また、別売りDIN取付プレート(SI-DIN70)を利用して35mmDINレールへの取り付けにも対応可能です。

■10Base-T/100Base-TXのLANネットワークに対応

LANインターフェース部にラントロニクス社デバイスを内蔵。10Base-T/100Base-TXを自動判定してLANに接続できます。TCP/IP、UDP/IPを利用してデジタル信号の監視、制御を行うことができます。

■パソコンからの簡単制御

パソコンから簡単な制御コマンドを送ることで入出力を制御できます。LAN上のユニットは、IPアドレスだけでなく、機種番号やロータリスイッチで設定したID番号で識別できますので、LAN上に同一モデルを複数接続している場合でも確実に目的の1台を特定できます。

   LA-232/485シリーズは、各種TCP/UDPポートを使用します。

■制御ソフトを標準添付

標準添付の制御ソフト(LA-PC10)を利用すれば、入力状態の確認や出力信号のON/OFFなどの基本動作をお手持ちのPCから簡単に行えます。
Version 1.20 より各入出力接点毎に名前を付けられるようになりました。

制御ソフトLA-PC10の動作環境
パソコン DOS/V互換機
動作OS Windows® 7/8/8.1/10
   OS環境によってメッセージが日本語または英語で自動切換表示されます。
  • LAN上のユニットを検索表示
  • 出力信号を手動または指定周期でON/OFF制御
  • 入力信号を手動または指定周期でON/OFF表示
  • 入出力履歴を指定周期でCSV形式ファイルに保存

【LA-485R-P用画面】

【LA-PC10 メイン画面】

■スマホやタブレットから動作確認が可能

AndroidのスマートフォンやタブレットからWi-Fiを経由してLANIOの動作確認ができるアプリ(LAAD10)をGoogle Playから入手できます。

  1. IPアドレスを入力できます。
  2. ポート番号を入力できます。(ポート番号は出荷時設定10003)
  3. IPアドレス、ポート番号入力後タップすると接続します。
  4. 無線APを経由してLANIOのMacアドレスを検索し 5 に表示します。(MacアドレスはLAN接続部下部のラベルに表示してあります。)

<LAAD10 デバイス選択画面>

  1. タップすると、DO1に設定された機器の名前を入力し設定できます。
  2. タップするごとに出力のON/OFFを切り替えます。
  3. チェックすると指定時間周期で出力のON/OFFを切り替えます。周期は100m 秒単位 に1 ~ 9999 の範囲で指定できます。
  4. 指定時間周期を設定できます。
  5. タップしたときの入力状態を取り込んで表示します。
  6. 接続を終了する場合にタップします。またはホームボタンをタップしてください。

<LAAD10 デバイス操作画面>

■独自の制御システムを開発可能

Visual BasicやC++、C#言語用の 入出力関数ライブラリ やソースコード付きのサンプルプログラムも用意されていますので、PCで動作する他のソフトウェアと連携した独自の制御システムなどを短時間に開発することができます。

   入出力関数ライブラリやサンプルプログラムはご自由に利用いただけますが、その使用方法などに関する無償サポートは行っておりませんので予めご了承ください。プログラム開発のサポートや特定用途向けアプリケーションの開発は有償で承りますので、お気軽に弊社営業部までお問い合せください。
【入出力関数の例】
LELanioSearch(int msec) LAN上のユニットを検索
LELanioGetId(int lanio, int *id) ID番号を取得
LELanioConnectByIdModel(int id, int model) 指定モデル指定IDに接続
LELanioConnectByIpAddress(char *ipaddr) 指定IPアドレスに接続
LELanioOutPio(hLANIO handle, int pio, BOOL active) 指定do信号のon/off制御
LELanioInPio(hLANIO handle, int pio, BOOL *active) 指定di信号のon/off確認

<ライブラリを使ったプログラム例>

■PCレスで接点延長+シリアル通信の延長

2台のLA-232/485シリーズをパソコンとは接続せずに1対1でLAN接続することができます。LAN経由でシリアル通信の距離を大幅に延長できるだけでなく、2台のLA-232/485シリーズの間で1台の入力状態をもう1台の出力端子へ伝達することが双方向で可能です。

[動作原理]
  1. 入力ユニットは、電源投入時および入力信号に変化があった時、入力状態に相当する出力制御LANパケットを出力ユニットに送信
  2. 出力ユニットは、そのパケットを受けて出力を制御

入力変化→[入力ユニット]→出力制御LANパケット→[出力ユニット]→接点変化

   定期通知機能を有効にした時は、入力変化がない時でも定期的に入力状態を通知する制御パケットを送信します。定期通知機能は出荷時OFFのため、入力ユニットより出力ユニットの電源が後から投入された場合、出力は全てOFFになり、次に入力の変化があるまで、入力状態が正しく反映されませんのでご注意ください。