PRODUCT / 商品情報
10Gビットイーサネット 光ファイバー対応
パケットキャプチャデバイス
(ストレージ内蔵)

IOTA 10G

ポータブル 12V電源: CBP-10G
ポータブル 24-48V電源: CBP-10G-24V
ラックマウント 12V電源: CBR-10G
ラックマウント 24-48V電源: CBR-10G-24V
概要
詳細
スペック
ダウンロード

IOTA 10Gは次のような特徴を備えています。

<インターフェース>

  • 2ポートの1G/10G イーサネットモニター
  • 10GBASE-SR/LR/ERなどSFP+モジュールを接続、光ファイバーとカッパーの両方に対応
  • 対象のネットワークの安全を確保するため、キャプチャインターフェースを制御ポート、内部ストレージ、解析処理部から隔離

<フレームのキャプチャ>

  • 1G/10Gビットイーサネットのパケットキャプチャ
  • SPANモードとインラインモード
  • 8ns分解能のタイムスタンプ
  • 本体の1TB内蔵ストレージにデータを保存
  • キャプチャデータはPCAP-NGファイルとしてリモートからダウンロードが可能
  • PoE給電中の回線からもキャプチャできるPoEパススルー

<リモートアクセス>

  • 制御用のLANポート経由でキャプチャ制御
  • ネットワークの状態を視覚化するダッシュボードにリモートアクセス

<電源>

  • ポータブルタイプ、ラックマウントタイプそれぞれ、DC12V用とDC24-48V用のラインナップ
  • PoEによる本体への給電も可能

1G/10GbpsのEthernetフレームをキャプチャ、内蔵ストレージに保存

本体のA/Bポートにスルー接続されたLAN回線を流れるパケットを、ダイレクトに1TBのストレージへ保存します。本体を現場でセットアップすれば、後はリモートからネットワーク監視、キャプチャデータ取得が可能です。

CRCエラーのフレームを含め、あらゆるフレームをキャプチャ可能です。ログファイルをファイルサイズや時間指定で分割保存することも可能です。必要なデータを絞り込むための強力なハードウェアフィルタも装備しています。

■各部の説明

  • 1, 2: 計測ポートA, B SFP/SFP+スロット (光ファイバー、カッパー対応)
  • 3: スタート/ストップ/リセットボタン
  • 4: USB3.0ポート タイプA x2個
  • 5: 制御ポート RJ45コネクタ(PoE給電対応)
  • 6.1: DCジャック(DC12V用)
  • 6.2: 給電コネクタ(DC24-48V用)
  • 7-12: 動作状況表示LED
ラックマウントタイプはPROFITAP社のラックマウントシャシキットに搭載可能

リモートアクセスで監視、解析

本体内に独自のトラフィック解析ソフトを内蔵し、制御用のLANポート経由でリモートからアクセスして、ネットワーク状態をフローベースで解析することができます。アプリケーション別パフォーマンス、帯域使用率、レイテンシー、トップトーカー、TCP、DNSなど、様々な情報を視覚化するダッシュボードを装備しています。

また、キャプチャデータをリモートからダウンロードすることもできます。データはPCAP-NG形式ですので、Wiresharkで詳細を閲覧できます。

■ダッシュボード表示例

< Home Dashboard >

通信量の多い送信先・送信元、クライアント・サーバー間のデータ転送量の概観を表示。
< TCP Round Trip Time >

フロー、サーバー、クライアント毎のラウンドトリップ時間トリガー、TCPフラグの統計を表示。
< User Experience - Application Latency >

クライアントIPから見たアプリケーションのレイテンシーを表示。
< TCP Retransmissions >

クライアントとサーバー毎の再送率(%)、TCPフラグの統計を表示。
< TCP Server Congestion >

サーバの処理能力超過を検知してサーバー毎のZero Window発生を表示。サーバー毎のフロー数の統計を表示。
< TCP OOO and Lost Packets >

クライアント側・サーバー側それぞれのパケット欠落の発生、パケット順序の狂い発生(Out Of Order packets (OOO))を表示。
< DNS Overview >

上位のDNSサーバー、クエリの多いサーバーを表示。
< DNS Details >

上位のDNSサーバー、クエリの多いサーバーの統計を表示。
< Explore - Layer 2, 3 >

OSIレイヤー別のネットワークトラフィックを表示。
< Explore - Layer 3, 4-7 >

OSIレイヤー別のネットワークトラフィックを表示。
< Flow >

フローID、クライアントIP、サーバーIP、プロトコル等に基づいてアプリケーションとネットワークトラフィックを解析。
< Hosts >

サーバーの概況をGeoIPによるマッピングとともに表示。
< Return Code >

HTTPサーバーのリターンコードを表示。
< Server Latency >

上位のアプリケーションレイテンシー、ラウンドトリップタイムを表示。