Usage Tips / 製品活用ガイド

■ RS-232C×2点をLAN経由でそれぞれ異なる2地点へ延長

2017年3月31日

RS-232Cの通信を既存のLAN(Ethernet)回線によって延長できるか?とのお問い合わせを度々いただきます。弊社製品のSIシリーズを利用すればこうした使い方も可能で、実際に運用されているお客様も多くおられます。

 

 

上記のようにSIシリーズの機器を1対1(1地点⇔1地点)で接続する場合は製品の取扱説明書にもその設定方法についての記載はあります。それではRS-232C機器が同じ地点に2台あり、それを別の2地点に分けて延長したい場合はどうするか?というケースについて考えてみます。実はこのような場合、SI-60やSI-60Fの対向セットを2セット用意しなくても、RS-232Cが2ポートあるSI-60Xを片側に1台、もう片側にSI-60Fを2台使用すれば、対応が可能です。
SI-60X はRS-232C機器を2台接続可能で、LANで延長した先に2台のSI-60Fを接続先として使用することができます。以下はその使用方法・設定の一例です。

 

[SI-60X]

 

まず使用する機器にIPアドレスを設定します。今回はローカルネットワークを想定してSI-60Xに192.168.0.3、それと対向で接続する2台のSI-60Fにそれぞれ192.168.0.1(SI-60F@)と192.168.0.2(SI-60FA)を設定しました。(IPアドレス設定方法の詳細については取扱説明書を参照)

IPアドレス設定後、各機器を接続します。
(今回、弊社のプロトコルアナライザーLE-8200などをRS-232C機器に見立てています。LE-8200などのシミュレーション機能を用いることでRS-232Cの調歩同期の通信の送受信を行うことができます。)

 

 

続いて、対向接続のためのSI-60XとSI-60Fの設定を行います。設定はDevice Installerというソフトを用いてPCからLAN経由で行います。Device Installerを立ち上げ、そこからウェブマネージャーを起動して設定を行います。

 

まずSI-60Xから設定します。対向接続のための設定はウェブマネージャーのConnectionの項目で行います。(通信設定にはSerial Settingsの項目も設定が必要ですが、これはSI-60FやSI-60Xと接続されたRS-232C機器との通信条件を設定するもので、ここでは詳細は省きます。)

 

 

SI-60XはRS-232Cポートが二つあり、Ethernetの接続についてもそれぞれに別のポート番号を割り当てることができます。Channel 1 でRS-232Cのポート@についての設定を行います。Accept IncomingをYesに、Active ConnectをWith Any Characterに設定し(これは取扱説明書にある内容通りです)、Remote Hostには接続先とするSIのIPアドレスを入力します。SI-60Xのポート@はSI-60F@と接続するので、SI-60FのIPアドレスである192.168.0.1を設定します。Remote Portは接続先のport番号(SI-60F@のLocal Portの番号)を設定します。

 

 

次にChannel 2の設定を行います。Channel 1とほぼ同じ内容を入力しますが、Channel 2はSI-60FAに接続するため、Remote Hostには192.168.0.2(SI-60FAのIPアドレス)、Remote Portには10001(SI-60FAのポートLocal Port番号)を設定します。また、Channel 2のLocal PortはChannel 1のLocal Portとは異なる値を入力する必要があるので、Channel 2のLocal Port は10003と設定しています。

これでSI-60X側の設定は終わりです。

 

 

続いてSI-60F@の設定を行います。SI-60F@はSI-60XのRS-232Cポート@と接続するので、SI-60XのIPアドレス192.168.0.3とSI-60Xのポート@のLocal Portに割り当ててあるポート番号(10001)をそれぞれ設定します。SI-60F@の設定はこれで終わりです。

 

 

続いてSI-60FAの設定を行います。SI-60FAはSI-60XのRS-232CポートAと接続するので、SI-60XのIPアドレス192.168.0.3とSI-60XのポートAのLocal Portに割り当ててあるポート番号(10003)をそれぞれ設定します。SI-60FAの設定はこれで終わりです。

 

 

上記で接続設定は完了です。

実際に通信が可能か、以下の図のようにRS-232C機器から文字列を送信して、お互いに送受信ができるかを確認します。(@はBと送受信、AはCと送受信を行います。)

 

 

以下はRS-232C機器@の送受信の状態を表示したものです。SDと書いてある列(送信データの意味)に@から送信したHTの文字列が表示され、RDと書いてある列(受信データの意味)でBから送信されたBSの文字列を受信している様子が確認できます。

 

 

B側でも確認してみると、@と送信・受信が反対になったデータのやりとりが表示されており、やはり送受信が行われていることが確認できます。

 

 

AとCでも同様に送受信が行われている様子が確認できます。

A側、上段(SDの列)にAから送信しているSHの文字列、下段(RD側)にCから送信されAで受信したEXの文字列があります。

 

 

C側、上段(SDの列)にCから送信しているEXの文字列、下段(RD側)にAから送信されCで受信したSHの文字列があります。

 

 

上記の使用例では、ある地点のRS-232C×2点(今回のケースではBC)をLAN経由で延長し、異なる2地点(今回のケースでは@A)それぞれのRS-232C機器とデータの送受信を行うことができました。こういった使用方法が求められるケースの場合、SI-60XとSI-60Fの組み合わせをご検討いただければ幸いです。

 

:制御線の情報については延長されません

 

今回使用した製品

 

・SI-60X
http://www.lineeye.co.jp/html/product_SI-60X.html
・SI-60F
http://www.lineeye.co.jp/html/product_si60f.html
・LE-8200
http://www.lineeye.co.jp/html/product_le8200.html
・LE-2500
http://www.lineeye.co.jp/html/product_le2500.html
・LE-1500
http://www.lineeye.co.jp/html/product_LE-1500.html